海外進学を応援するズボラ母の備忘録 次女編

地方の公立小・中・高校を経て、オーストラリア Monash大学へ進学する娘(次女)を応援するズボラ母の備忘録。Monash CollegeのBridgingコースからのスタートです!

娘は大学入学前の
Monash大学附属の語学コース(Bridgingコース)に通っています。

20週のコースで、
途中からオンライン授業に切り替わったまま、
はや折り返し地点を過ぎました。

留学エージェントの話では
Bridgingコースは、
大学での学習に必要な英語力をつけるだけでなく
その後の大学での専門課程で使う用語などを学べる

コースと聞いていました。

Monash大Bridgingコースの詳細はココ:Monash English Bridging

当初は、留学生が進む一般的な語学コースを考えていましたが
IELTSのスコアを提示したところ
Monash大学側が「このスコアがあればBridgingコースを」
と薦めてくださいました。

一般的な語学コースに入れるのはIELTS3.5くらいですが、
その当時、娘は5.0がとれていたと思います。

先に20週のコースと書きましたが、
英語力により10週や15週のコースもあります。

語学コースの前半は、聞く限りは
それほどIT学部寄りな内容とは感じていなかったのですが
最近はグループワークの時には
「文系」「理系」のグループに分かれて取り組んでいるそうです。

同じ学部に進む学生は、その中でもなるべくまとめられます。

娘はIT学部に進むのですが
同じIT学部の学生のほか、エンジニアリングに進む予定の学生も一緒だとか。

「文系」グループは、娘と同じクラスでは、多くがビジネスの学部です。

「理系」テーマはITだけではなく
先日は化学だったそうで
キーワードはわかるものの、高校卒業してから遠ざかっていて忘れていることも多く
久しぶりに高校化学の動画をチェックしたとか

それを英語に置き換えて考えるのも大変ですね

今や、英単語はわかるけれど、
日本語では何だっけ?という言葉もあるそうです。
確かに姉(長女)は海外の大学でしか建築を学んでいないので
日本語で何というのかわからない単語多々と言っていました。

プレゼンは「文系」「理系」一緒に行うので
ビジネスのプレゼン(マーケティングの話とか?)も聞いて
質問とか意見しなければならないのだとか。

何事も勉強!

何より、今から
同じ学部に進むであろう友達ができること
がうれしいようです。

まだ中国にいて、オーストラリア入りできていない友達ばかりですが(笑)

長女のときにも思いましたが、
次女も
英語で、かつ理系のことを勉強するなんて想像を絶する~~ 
と思うズボラ母なのでした。





5月初旬に新しいホームステイ先に引っ越した娘。

料理上手なホストマザー(60代後半)に誕生日を聞かれ、
なにやらカレンダーにメモしていた様子。

そして6月に娘は19歳の誕生日を迎えました。

ズボラ母およびズボラでない父は
先にも書いたとおり何も日本から送れないので
(送れるのはお金とLINEだけ!?
誕生日には、LINEでメッセージを送って、話をしたくらいです。

誕生日には、午前中にズボラ母の母(娘のおばあちゃん)と
LINEビデオでオンライン誕生会
おばあちゃんのとっちらかった話が大半でしたが(笑)娘は久々で楽しめたでしょう

その後「もう1回話せる?」と娘から連絡がきたので、
夜もう一度話をしました。

最高の1日だった!!
とな!?

誕生日ということで
ホストマザーはケーキを焼いてくれ、
ローソクも立てて、火を吹き消した
そうです。
birthday cake

ケーキにナイフを入れるときに願い事をすると叶うよ!
教えてもらったそうで
それもやったとのこと。

なんとプレゼントもあって
時々連れて行ってくれるお気に入りのショッピングモールの
ギフト券をいただいていました

めっちゃホームステイライフを楽しんでるじゃん!

姉(長女)のほうはイギリスで1年ホームステイを経験してますが
イギリスのホストファミリーはわりとビジネスライクでドライなので
そんな話は聞いたことありません。
(正直、これを聞いて長女は次女を羨ましがっていた・・)

ケーキは、ローソクが足りなかったようで
斬新な19歳の表現方法ですが
それもまた楽し!

娘はフルーツののったケーキが苦手で
日本では毎年チョコレートケーキかチーズケーキにローソクをたてる
地味なお祝いでした(笑)

ホストマザーは料理だけでなく、お菓子作りもお上手で
このチョコレートケーキにはチェリーだったかフルーツが入っているのですが
とってもおいしかった!
と。

新しい1年も、いろんな経験ができますように!
と日本で願うズボラ母なのでした。

お誕生日おめでとう


日本からオーストラリアへ送ったSAL便
2便とも届かず
2便目は約1か月後に、我が家へ舞い戻ってきたことを書きました。

 過去ブログ:SAL便が届かない・・・ ~COVID-19の影響~

このブログにも書いたとおり
1便目は3月15日に発送したのです。

それが
な、なんと、、、
6月上旬に、日本の我が家へ戻ってきました


さすがに3か月。
宛先にしたホームステイ先も引っ越してしまいました。。。
(届いたら連絡してねーとはお願いしたけれども)

1便目の中身は、もうあきらめモードでした。

我が家へ帰ってきた小包は
段ボール箱がボコボコにへこんでいて
配達してくださった郵便局員さんも
「こんな前に送ってくださったのに、ごめんなさい
ととても申し訳なさそうでした。

6月に入り、
オーストラリア内で、国際郵便で到着済のものは動き始めたようなのですが
その間どこかにずっと保管されていたのか
箱はへこんだうえ、
宛名の半分(宛先部分)が破損
し、届けられず日本に戻された模様。
日本の住所(差出人部分)が残っていたので、かろうじて戻ってきたようです。

2便目は、日本を飛び立たず
返送となったので、送料の払い戻しがありました。

・・が、1便目は一度オーストラリアに行ったので、
問い合わせてみたけれど、払い戻しは無い様子。
日本郵便側は役割は果たしたということで、
必要ならオーストラリアへ調査依頼をかけるフォームはありますよ、、、とのこと。

このコロナの時期にさらなる依頼をする気にもなれず
調査依頼フォームはいただいたけれど、そのままにしています。

しかし、娘は気にしていた洋服も紛失せず一安心。

なーーーんにもオーストラリアの娘のところには
届いていないんだけどね(笑)


娘は寒くなってきて
セーターのほか、
オーストラリア現地のZARAで、コートもちゃっかり買っていました。

早く郵便も再開して
国境を越えた往来も再開することを
切に願う
ズボラ母なのでした。





このページのトップヘ