海外進学を応援するズボラ母の備忘録 次女編

地方の公立小・中・高校を経て、オーストラリア Monash大学へ進学する娘(次女)を応援するズボラ母の備忘録。Monash CollegeのBridgingコースからのスタートです!

COVID-19新規感染者数が落ち着いていたオーストラリアですが
ビクトリア州で新規感染者数が増え、

「ホットスポット」と言われる感染者数が多いエリアには厳しい規制
ビクトリア州(メルボルンなど)とニューサウスウェールズ州(シドニーなど)
  州境は封鎖
メルボルンも警戒レベルがまた戻りロックダウン

となってしまいました。

人口比は違うとはいえ、日本も1日200人レベルの新規感染者数。
緊急事態宣言を出す気が全く無い日本とは大違いですね。

娘は語学学校に在籍中ですが、
現在2週間のプチ休暇に入っています。

この間に
引っ越ししたばかりの友達宅訪問
友達とシティへダンス体験
モールでショッピング
ホストファミリーとドライブ

など、まだ制限はあるなりに、楽しい予定を考えていたよう。

が、再び不要不急の外出は禁止です

とはいえとってもポジティブな娘。
話をしたらそれほど凹んではおらず、
「ニューノーマル」を受け入れているようで
さすが若者は適応力がすごい!と思いました。

ここでも娘のプラス思考には感銘を受けたズボラ母
 過去ブログ オンライン授業だからこそ友達ができる!?

この2週間の休みも、あまり友達と外に出られないので
ホストマザーには「出かけるときは自分をできるだけ誘って」とお願いし
ドライブ中はホストマザーとたくさん話したり
ショッピングでは試着したり(すると店員と必然的に話す)
化粧品について店員さんに聞いたり
スーパーのレジの人と話したり

とにかく自分からいろんな人と話す機会を増やしているのだそう

オーストラリア到着直後は
Coles(スーパーマーケット)でもあえてコミュニケーションをさけ
セルフレジを使っていたあの頃が嘘みたい(笑)

語学学校の授業や
友達とのやりとり
ホストファミリーとのやりとりも増えて

いろいろスピーキング力を試したく、またブラッシュアップしたく思っている様子が
ヒシヒシと伝わってきました。

COVID-19由来で本当に限られた環境だけど
そのなかでも
「このタイミングでオーストラリアに来れてよかった
とポジティブにとらえている娘に
今のコロナ禍、ちょっぴりネガティブになっていたこともあり
とっても良い刺激を受けたズボラ母なのでした。






娘は大学入学前の
Monash大学附属の語学コース(Bridgingコース)に通っています。

20週のコースで、
途中からオンライン授業に切り替わったまま、
はや折り返し地点を過ぎました。

留学エージェントの話では
Bridgingコースは、
大学での学習に必要な英語力をつけるだけでなく
その後の大学での専門課程で使う用語などを学べる

コースと聞いていました。

Monash大Bridgingコースの詳細はココ:Monash English Bridging

当初は、留学生が進む一般的な語学コースを考えていましたが
IELTSのスコアを提示したところ
Monash大学側が「このスコアがあればBridgingコースを」
と薦めてくださいました。

一般的な語学コースに入れるのはIELTS3.5くらいですが、
その当時、娘は5.0がとれていたと思います。

先に20週のコースと書きましたが、
英語力により10週や15週のコースもあります。

語学コースの前半は、聞く限りは
それほどIT学部寄りな内容とは感じていなかったのですが
最近はグループワークの時には
「文系」「理系」のグループに分かれて取り組んでいるそうです。

同じ学部に進む学生は、その中でもなるべくまとめられます。

娘はIT学部に進むのですが
同じIT学部の学生のほか、エンジニアリングに進む予定の学生も一緒だとか。

「文系」グループは、娘と同じクラスでは、多くがビジネスの学部です。

「理系」テーマはITだけではなく
先日は化学だったそうで
キーワードはわかるものの、高校卒業してから遠ざかっていて忘れていることも多く
久しぶりに高校化学の動画をチェックしたとか

それを英語に置き換えて考えるのも大変ですね

今や、英単語はわかるけれど、
日本語では何だっけ?という言葉もあるそうです。
確かに姉(長女)は海外の大学でしか建築を学んでいないので
日本語で何というのかわからない単語多々と言っていました。

プレゼンは「文系」「理系」一緒に行うので
ビジネスのプレゼン(マーケティングの話とか?)も聞いて
質問とか意見しなければならないのだとか。

何事も勉強!

何より、今から
同じ学部に進むであろう友達ができること
がうれしいようです。

まだ中国にいて、オーストラリア入りできていない友達ばかりですが(笑)

長女のときにも思いましたが、
次女も
英語で、かつ理系のことを勉強するなんて想像を絶する~~ 
と思うズボラ母なのでした。





5月初旬に新しいホームステイ先に引っ越した娘。

料理上手なホストマザー(60代後半)に誕生日を聞かれ、
なにやらカレンダーにメモしていた様子。

そして6月に娘は19歳の誕生日を迎えました。

ズボラ母およびズボラでない父は
先にも書いたとおり何も日本から送れないので
(送れるのはお金とLINEだけ!?
誕生日には、LINEでメッセージを送って、話をしたくらいです。

誕生日には、午前中にズボラ母の母(娘のおばあちゃん)と
LINEビデオでオンライン誕生会
おばあちゃんのとっちらかった話が大半でしたが(笑)娘は久々で楽しめたでしょう

その後「もう1回話せる?」と娘から連絡がきたので、
夜もう一度話をしました。

最高の1日だった!!
とな!?

誕生日ということで
ホストマザーはケーキを焼いてくれ、
ローソクも立てて、火を吹き消した
そうです。
birthday cake

ケーキにナイフを入れるときに願い事をすると叶うよ!
教えてもらったそうで
それもやったとのこと。

なんとプレゼントもあって
時々連れて行ってくれるお気に入りのショッピングモールの
ギフト券をいただいていました

めっちゃホームステイライフを楽しんでるじゃん!

姉(長女)のほうはイギリスで1年ホームステイを経験してますが
イギリスのホストファミリーはわりとビジネスライクでドライなので
そんな話は聞いたことありません。
(正直、これを聞いて長女は次女を羨ましがっていた・・)

ケーキは、ローソクが足りなかったようで
斬新な19歳の表現方法ですが
それもまた楽し!

娘はフルーツののったケーキが苦手で
日本では毎年チョコレートケーキかチーズケーキにローソクをたてる
地味なお祝いでした(笑)

ホストマザーは料理だけでなく、お菓子作りもお上手で
このチョコレートケーキにはチェリーだったかフルーツが入っているのですが
とってもおいしかった!
と。

新しい1年も、いろんな経験ができますように!
と日本で願うズボラ母なのでした。

お誕生日おめでとう


このページのトップヘ