COVID-19影響シリーズが続いております・・・

だんだんと冷えてきた秋のメルボルンです。

スーツケースに入れていった服だけではちょっと寒くなってきて
セーター送って~
と頼まれ、

① 3月15日頃 第1便発送(SAL便・小型)
② 3月20日頃 第2便発送(SAL便・小型)


の荷物を郵便局から発送しました。

新型コロナウィルスも広がってきていた時期なので
オーストラリアはまだ大丈夫だと思いますが、
 コロナの影響でちょっと遅れるかもしれません。」

とは郵便局で言われました。

しかし
イギリスの長女にはこれまで何度もSAL便を送って
1回を除き、目安の2週間以内には届いていたので、
追跡は付けないで次女に荷物を送りました。

イギリスだと5日ほどで届くことも!
しかもロンドンではなくニューカッスルでも!

2週間で届かなかったのはこの時だけ↓
 過去ブログ SAL便は何日で届くのか?(長女編より)

次女がいるメルボルンへ送った荷物の話に戻りますが
2週間を過ぎても届かない。
やっぱりCOVID-19のせいね・・と思い始めました。

が、1便目から3週間たっても、4週間たっても届かない!!
「寒いのにヒートテックが足りん・・・

2個とも届かないは問題だな・・と思いだし
必要なものは現地調達しよう!と
zoomでつないで一緒にユニクロ・オーストラリアでオンラインショッピング
Uniqlo AU はココ

国内物流は問題がないようで、
無事に予定どおり到着しました
これでヒートテック増強。

そんな頃、我が家へ見覚えのある箱を抱えた郵便局員さんが・・・
「戻ってきちゃいました・・・」
なんと、関空を飛び立っていませんでした・・・

がーーーん

なんと2便目のほうが戻ってまいりました
発送から3週間強の話です。
荷物を郵便局へ持っていき申請すれば発送費用は返還されるとのこと。

娘もそれを聞いてビックリ!ですが
大事な洋服とかが紛失してなかったことには一安心

1便目はいまだ戻りもせず、届きもせず・・
1便目もまだ大阪にいたりしないよね~~
と思いを馳せるズボラ母なのでした。