海外進学を応援するズボラ母の備忘録 次女編

地方の公立小・中・高校を経て、オーストラリア Monash大学へ進学する娘(次女)を応援するズボラ母の備忘録。Monash CollegeのBridgingコースからのスタートです!

2020年08月

前回Bridgingコースのテストがついに始まったことを書きました。 
 前回ブログ テスト期間スタート

20週目には
授業もあるし
Speakingテスト2種、別々の日にありました。

1種類目のSpeakingテストについて前回書いたのですが
これは2人一緒に受検する
ロールプレイング型の試験。

「先生」役と「生徒」役のように
役割設定をされて、その条件にもとづき
会話を行うそうです。

この1種目は相手が英語が上手な同級生なこともあり、
スムーズに進んだそうです。
(娘の評価がどうかはまた別問題(笑)

2種類目は4人で受検をします。
これは1つのトピックに対し
 問題について話し、
 さらにその原因を指摘、
 その後に解決策を提示する・・

という構成で進めるそうです。

英語以外にも学ぶことが多そうですね!

授業中でも
このグループディスカッションとなると
よくしゃべる人
しゃべりすぎる人
リーダーシップをとる人
ほとんどしゃべらない人
など性格や英語力によってばらつきがでるそうなのですが
メンバーがバランスよくしゃべることも大事な要素。

はたして娘のグループはどうだったのでしょうか・・?

Speakingのテストが2種とも終わり
なんだかうまくいったのか、すがすがしそうな感じ

テストを終え、残すは1日のみ。
この日はオーストラリア到着後、
Monash Collegeの初日からお世話になっていた
トニー先生の授業。

「これでもう最後だよ~~

とちょっとさみしそう

結局会ったのは数日で後はすべて遠隔授業となってしまいました。
まだBridgingをパスするまではお世話になります!

とにかくSpeakingテストおつかれさま~!

Reading、Writingもがんばってほしいなーと願うズボラ母なのでした。
※Listeningは遠隔テストとなったため、今回は無しだそうです・・

娘はMonash大学附属
Bridgingコースでまずは語学を身につけていますが
ついに予定の20週目。

今週からテストもスタートしました。

このテストをパスしないと
次のDiplomaには進めないのでとても大事な試験です。

最初の試験はSpeaking
Speakingは2回に分けて実施されるそうで、
 1回目は2人ずつ受検
 2回目は4人のグループで受検

試験官や
一緒に受けるメンバーのあたりもあるようで

そうはいってもこのコロナで遠隔授業中のため
試験もオンラインです。

試験時間を待つ間は
緊張しているかといわれればしているのだけど
家(ホストファミリー宅)で受けるので不思議な感じとのこと。

実際終わってみると
試験官のおじさん先生もゆるーい感じだったらしく
途中で(試験官も自宅からのため)火災報知器が鳴り出し
「ちょっと待ってね~~」なんてことになり
緊張もせぬまま終わったそうです(笑)

てっきり試験官も普段の先生のどなたかなのかと思いきや
はじめての先生が試験官だったようです。
フェアな試験なんですね。

結果はまだわかりませんが、普段通りの力は出せた様子。

一応1回でパスしなくても、
何回か追試は受けられるそうですが
できるなら1回でパスしたいところ!

2回目のSpeakingやその他分野の試験も無事進むといいなー
ゆるゆる試験官の想像をするズボラ母なのでした

最近の娘の関心事といえば
日本への帰国

Bridgingコース(20週)も
遠隔授業のままもう19週を迎えています。

来週にはテストもはじまり、
これにパスすればBridgingコースも修了となります。
(再テストも何回か受けられます!)

大学の数少ない、オーストラリア入りしている友達。
香港人の友達が6月頃帰国。
彼女は英語が上手で、娘と違い10週のコースだったので
それを終えてDiplomaの授業も当面遠隔授業が確定していたため
いったん帰国してしまいました。

中国人の別の友達。
彼女もまたDiplomaはおそらく遠隔授業が続くので
語学コースが終わったところで帰国を計画。
フライトも早くから埋まってしまったようで、
9月のフライトは予約できず、10月末に帰国予定。

これじゃー、ロックダウン終わっても遊ぶ人がいなーい

 そんな友達の動きはあるし
 メルボルンは厳しいロックダウン中だし(~9/13までの予定)
 娘のDiplomaも遠隔授業が続きそうだし
「日本、帰りたーーーい!
というのが増えてきました。

ズボラでない父は
「帰国しなくていい!」と言います。。。

ズボラ母も
できるならばオーストラリアにとどまって頑張ってほしい。
一度帰国すると、いつオーストラリアに戻れるかは不明
現状だと日本の状況のほうがひどく、
  オーストラリアが改善して授業再開してもいきなり戻れない
遠隔授業は日本から受けられるけれど、
  日々の生活も英語で過ごせるほうがいいのではないか


などなど、
親としてはいろいろ考えてしまいますが
異国の地で、
楽しい大学生活のはずが半年もの間、大学にも通えず遠隔授業。
学校の先生や、ホストファミリーには恵まれているとはいえ
先が見えないこの状況に、帰国したいという気持ちになるのも理解できます。

どうしても無下に
「帰国しないで!」ということは
娘の気持ちをポキっと折ってしまうのではないかと思い
とても言えませんでした。

とにかく「留まれ」とも「帰国しろ」とも言わず
両方の場合の情報を集めて
感情的にではなく、冷静に判断しよう、
ということを伝えました。

そうなると娘の情報収集の早いこと、早いこと(笑)
仕事早いな

とはいえ、まだ判断できかねる状況にいます。

とにかく今は試験に集中。

すぐには無理だろうけれど
早く日豪の往来が通常になることを祈ってやまないズボラ母なのでした。

COVID-19の新規感染者数が落ち着かず
8/2(日)からさらなる厳しいロックダウンとなりました。

ステージ4に逆戻り。。。

7月上旬に6週間のロックダウン(ステージ3)になったことをここで書きました。 
 過去ブログ ポジティブシンキング ~またもやロックダウン~

その6週間を待たず
変化に応じて
また場所ごとのメリハリをつけながら
レベル変更や規制をもたせていくオーストラリアの動き

本当に早いな~~と感じます。

それに比べて
日本は国と都道府県との足並みそろわず
Go To トラベルキャンペーンなんかがあったりして逆に不安です。

娘も
厳しい規制ではあるけれど、この状態を受け入れ
オーストラリアの対応に安心感も感じている様子。

少し前まではレベル3といいながら
洋服やアクセサリーの買い物をショッピングモールでできる状態で
ユニクロやH&Mなども開いていたそうです。(検温などは有り)

今後は必要な外出しかできないし
ホストマザーともショッピングを楽しんでいたのですが
家族で1名での買い物となっているため、
しばらくはおあずけです。

ステイホームのさなか、
料理上手のホストマザーに、お料理レシピを聞いたりしているそうです。
 過去ブログ 魅力的なホストマザー

この前はミートローフのレシピをもらっていた!
次回作るときは、一緒にCookingするようです。

Bridgingコースの試験も近づいてきているし
ステイホームは苦しいけれど
うまく時間を使って、ストレスためないでがんばってほしいな~~
願うズボラ母なのでした。

とはいえ、
正直このコロナの状況に対しては、娘のほうがメンタル強い気がしています。
娘たち(次女も長女も)が
ニューノーマルをある程度受け入れて、前に進んでいる様子をみると
ズボラ母も上向きに

明日もがんばろう!



このページのトップヘ