前回Bridgingコースのテストがついに始まったことを書きました。 
 前回ブログ テスト期間スタート

20週目には
授業もあるし
Speakingテスト2種、別々の日にありました。

1種類目のSpeakingテストについて前回書いたのですが
これは2人一緒に受検する
ロールプレイング型の試験。

「先生」役と「生徒」役のように
役割設定をされて、その条件にもとづき
会話を行うそうです。

この1種目は相手が英語が上手な同級生なこともあり、
スムーズに進んだそうです。
(娘の評価がどうかはまた別問題(笑)

2種類目は4人で受検をします。
これは1つのトピックに対し
 問題について話し、
 さらにその原因を指摘、
 その後に解決策を提示する・・

という構成で進めるそうです。

英語以外にも学ぶことが多そうですね!

授業中でも
このグループディスカッションとなると
よくしゃべる人
しゃべりすぎる人
リーダーシップをとる人
ほとんどしゃべらない人
など性格や英語力によってばらつきがでるそうなのですが
メンバーがバランスよくしゃべることも大事な要素。

はたして娘のグループはどうだったのでしょうか・・?

Speakingのテストが2種とも終わり
なんだかうまくいったのか、すがすがしそうな感じ

テストを終え、残すは1日のみ。
この日はオーストラリア到着後、
Monash Collegeの初日からお世話になっていた
トニー先生の授業。

「これでもう最後だよ~~

とちょっとさみしそう

結局会ったのは数日で後はすべて遠隔授業となってしまいました。
まだBridgingをパスするまではお世話になります!

とにかくSpeakingテストおつかれさま~!

Reading、Writingもがんばってほしいなーと願うズボラ母なのでした。
※Listeningは遠隔テストとなったため、今回は無しだそうです・・