先日20週間の語学コースを終えた娘。

とはいえ、授業を終えただけで
テストは終えていないので
まだパスした!という状態ではありません。

ここのところテストのことを書いていました。 
 過去ブログ テスト期間スタート 
 過去ブログ Speakingテストその2


Speakingテストだけ、語学コースの20週目に実施されました。

遠隔授業が続いたため、今回はListeningはテストは無し。
あとはWritingとReadingのテストがあります。

しかし20週を終えて
1週間のお休みがありました。

まだまだメルボルンはロックダウン中(レベル4)ですから
遊べるお休みではないので
授業がなく逆に暇ーーーな感じ。

「ま、勉強すればいいんだけどね(でもね・・)」

と娘は申しておりました。

わかるよー
時間があるからって勉強ができるわけじゃないんだよね。

飴と鞭じゃないけど、メリハリが大事。
これをロックダウンのもとコントロールしていくのは
なかなか大人でも大変です。

この1週間の間には
ワークショップ(勉強に関するもの)や
次に進むDiplomaコースの説明

なども時間を決めてオンラインで実施されたそうです。

休み期間と思っていたのに
「チャートやクリア送ってほしいけど、まだ郵送できないよね・・」
と娘から連絡。

チャート、クリアは高校時代に使っていた数学の参考書。
え?どしたん?どしたん?

そうなんです、オーストラリアはとても厳しくて
まだDHLやら使わないと普通郵便では国際郵便を届けることはできません。

どうやらDiplomaコースの説明を受けて
自分には選択授業でチョイスすべきは数学と考えた模様。
しかし自分は高校の選択の関係上、数Ⅲの一部をやっていない。
ちょっと予習しておいたほうがいいんじゃないか?
みたいな気持ちになったそうなのです。

しかし、
その選択授業が発生するのは
Diploma(全体で8か月)のうち、後半の4か月。
つまり、早くても2021年明けてからになりそうです。

そのほか気持ちがDiplomaまで行ってしまったせいか
大学寮の検討も再燃。

暇なうちに調べていると、
コロナのせいか2020年(現在)も申請できる寮があり、
2021年の寮の申込いたっては9/1から申請可能。


寮の話はまた書きたいと思いますが、
ここのところコロナのせいもあり
「去年の夏はこんなことできたよな~」と過去を振り返りがちだったズボラ母

スウェーデンで大学院生活をスタートした長女といい
語学コースを終えてDiplomaへ進級しようとしているこの次女といい
未来に向かって気持ちが開いているのに
すごく刺激を受けました。


今日から9月。
娘たちに刺激をもらいながら、
また未来に向かってがんばるぞーー!
とこぶしをあげるズボラ母なのでした。