コロナ禍で、
オーストラリアへの航空便
「郵便では送付できない状況が続いています。

今朝も念のためウェブサイトをチェックしてみましたが、船便のみOKでした・・・

娘が渡豪してまもなく、まだ航空便の引き受けを行っていたころに
2回送ってみたが、
2回とも我が家に舞い戻ってきたことも書きました

過去ブログ
 SAL便が届かない ~COVID-19の影響~(4月)
 SAL便がもう1つ戻ってきました。。。(6月)

そんななかでの救世主
ヤマト国際宅急便です!!

DHLなどなら送れることはわかっていましたが、かなり高額。
それほどかけてまで送るものでもないし・・・

そんななか、娘が
 IT関連の本
 日本で出版されている語学の本、
 自分が使っていた高校数学(数Ⅲ)の教科書
など送ってもらえたらな~といっていたので
再度他の方法はないかな~?と探していたところ
ある方が書いていたブログでヤマト国際宅急便を発見

以前にも検討したことはあるのですが
そのときは法人しか使えないものだと思っていました。

確かに法人しか使用できない国もあるようなのですが
オーストラリアの場合、個人でも送付できました!

↓こちらもご参考に。
ヤマト国際宅急便 ウェブサイト


今回は
 ITの本
 数Ⅲの本
 カーディガン
 ホストファミリーへのプレゼント(布マスクと和柄ハンカチ)

を60サイズ(長さ・幅・厚さの合計が60㎝以内)/2キロ以内にまとめて送りました。
配送には2,650円かかります。

郵便の場合(そもそもオーストラリアは今、航空便使えませんが・・)
 SAL便/小形包装物にして2キロまでだと2,080円、
 航空便だと2,760円。(コロナ禍で各国SALが使えないです・・)

ヤマトは追跡込なので、
 郵便だと、さらに書留扱いにすると3000円前後。
そんなこんなで、ヤマト便も
かなりリーズナブルかと思います。

「郵便」の小形包装物ならば90サイズまで送れるので、
ヤマトだと軽くてもかなりコンパクトにまとめる必要はありますが・・
60サイズって結構小さいです

実際、サイズのことをよく見ておらず
重さだけをチェックして、一度ヤマトに持ち込んだら80サイズ。
そうなると同じ重さでも、5000円近くの送料となってしまいます
あわてて持ち帰り60サイズにまとめなおしました(汗)

はじめてのヤマト利用なので、今回はトライアル送付・・・
先のブログの方も、
ヤマト便の方も
コロナのせいでいつもよりは遅れる可能性があるよ、とのこと。

気長に待っていたのですが
WEBから見える追跡を確認すると
2-3日で通関完了して、海外へ飛び立ちました~

そして・・・
10/29(水)発 → 11/6(金)着(8日目に到着!)

早い!!

娘もビックリです

後で気づいたのですが
国際宅急便は、
日本を飛び立つところまでしか履歴追えないのね~と思っていたら
その欄の下に「詳細」というボタンがあって
荷物着後、数日して気が付き、押してみると
こんな詳細がありました(笑)

InkedIMG_4963_LI
気づくの遅!!

それにしても中国やシンガポールも経由して
こんなに早くメルボルンに到着してくれるなんて

物流網に感謝!のズボラ母なのでした。

ホームステイ先を一度変更したため、
何もプレゼントできていなかったホストファミリー
嬉し気に「和柄布マスク」をつけてくれていると聞いて
それも嬉しいズボラ母です~