滞納金支払わないといけないかも・・・
 ・・・ごめん

と娘からやぶからぼうにLINE

えー!?なになに?

大学から学費の督促メールがきたらしい。

確かにメールを見たのが遅すぎて
支払期限を数日過ぎ、
さらなる督促メールがきていた・・・

あわてて読んで
娘は「滞納金」が必要か!?と思ったけれど
よくよく読むと、
次の期日までに支払わないとペナルティがあるとのこと。

そのペナルティについて詳細をみると
 大学のアカウントがロックされ
 すべての大学サービスにアクセスできず
 大学構内のサービスも利用できなくなる
って!

これなら滞納金払います~~と言いたいくらい
マズイ状況ではないか!!

しかも今はオンライン授業が大半のため
大学のアカウントに入れないことは家で気づくとかなり致命的。

まずはオーストラリアの銀行口座の残高確認。
娘に聞くとギリギリ払えそう。

次の支払期限までは4営業日あるから
オーストラリアの銀行間ならば余裕ね!と思い
支払手続きのウェブサイトを確認すると
指定の支払方法がいくつかあり、
なんだか意外に大学に入金確認してもらえるまでは
どの方法も数日から数週間かかるように記載がある・・・

この週は・・・
 ズボラ母のお仕事繁忙期。
 娘も新学期はじまり授業はパツパツ、
 実はホームステイからアパートメントへの引越し準備を進めていて
   こっちの手続きも大忙し。


なんで色々集中しちゃうんでしょう・・・?

なんとか娘とやりとりし
娘が、自分の銀行口座からクレジット払いにして
支払手続きは完了~

大学が期日までに入金確認をしてくれず
大学アカウントがロックされては困る!と問合せを入れたら
娘のところに、支払確認済のメールが無事届きましたとさ

あぁーーよかった・・・

メールチェックはちゃんとしないとダメですね

今回ハッとさせられたズボラ母。

娘が授業で忙しいこともあって、
急いで入金確認をしたいと、
ズボラ母から大学へ確認メールを送っていました。

しかし大学からの返事は・・
==============================
お問い合わせありがとうございます。
〇〇(娘の名前)さんは
18歳以上のため、
プライバシーの都合上
ご本人が直接大学へ確認する必要があります。

==============================
でした。

もう娘も大人なんですよねー

お金のことなんでついつい焦って
しゃしゃりでてしまいましたが
後は娘にまかせてしまおう~~
あらためて思ったズボラ母なのでした。

口座残高の底をつき、
ズボラでない父はあわてて生活費を入金しましたとさ