海外進学を応援するズボラ母の備忘録 次女編

地方の公立小・中・高校を経て、オーストラリア・メルボルンのMonash Collegeへ進学した娘(次女)を応援するズボラ母の備忘録。Bridgingコースを無事修了し、Diplomaコース(IT)で勉強中。

カテゴリ:留学中 > 手続き

娘のパスポートは今年の6月頃までの有効期限。

コロナがなければ(落ち着けば)
どこかで一度帰国したときに更新しようと思っていましたが
2月のターム間の休暇時も
帰国を断念

メルボルンでパスポート更新をすることとなりました

いろいろ手続きが面倒そうーー!
と言っていた娘ですが・・・

調べてみると
現在通っているMonashカレッジから
在メルボルン日本総領事館は歩いて15分程度!?


姉(長女)はスウェーデンの大学院進学にあたり
これまたコロナ禍の昨年
イギリスでパスポート更新をすることになりました
 長女ブログ:パスポート無事更新!

イギリスのニューカッスルだと
最寄りの日本領事館はエディンバラ。
過去ブログにもあるとおり、ちょっとした小旅行。
コロナ対応で1日で更新・発行できるようになっていたのはありがたかったです。

姉も
妹がメルボルンでパスポート更新をするのを躊躇しているのを聞いて
「そんなに近ければ、
 行けば日本語対応だし簡単だよーー」

と後押し。

ただ、長女と違うのは
次女はまだ19歳で未成年ということ。
更新の申請書に保護者のサインをするか、
別紙になった承諾書的なものを添付する必要があります。

こちらもメルボルンの日本領事館にメールで問い合わせたところ
すぐにお返事をくださり
郵送した手書き原本でなくとも
スキャンデータをメールで送り、それを出力したものでも構わないとのこと。

とってもフレキシブルではないか!!

オーストラリアへの郵便物は
なかなか思うように、予定どおりに届かない昨今だったので
気持ちが楽になりました~

また、パスポート用の証明写真
日本だとセルフで撮影できるブースがあちらこちらにありますが
フォトスタジオなどでパスポート用写真撮影をお願いするか
郵便局で写真を撮れるようになっています。

これも次女はちょっとドキドキしていたようですが
郵便局で無事写真が撮れたそうです。

書類もそろい
(結局他の荷物と送ったものがスムーズに届いたのでそれを使用)
意気揚々と日本領事館へ行った娘。

なんと館内のスタッフはオーストラリア人で
コミュニケーションも英語!

お姉ちゃんの嘘つきーーーー

とはいえ、オーストラリアですもんね(笑)

書類チェックの担当だけは日本人だったそうです。

ドキドキしつつも手続きを終えて
そろそろ新しいパスポートも手にしているハズです。

有効期限の関係で
ギリギリ20歳になる前の手続きとなってしまい
もう1回5年有効のパスポートとなりました。

コロナでどっこも行けないけど
やっぱり有効期限きれる前に更新したほうが手続きは簡単・・・
8月のパスポート期限切れを前に、
更新するかどうか悩んでいるズボラ母なのでした。




Monash大学の
英語コース(Monash English Bridging)を無事修了し、
10月からはDiplomaコースに進みます。

オーストラリアの大学には
Diplomaコースという
 留学生のファウンデーションコースと
 大学1年生の位置づけとを
かけあわせたようなコースが
ある大学と無い大学(あるいは学部)があります。

Diplomaへ進んだ場合、
1年修了後はMonash大学の2年生に進級することができます。

つまり、
 英語コース 約6か月
 Diplomaコース 約1年
 大学2・3年 約2年
 (オーストラリアの大学は3年制)
の3年半で学位がとれることになるので、
留学ではありながら、短期で卒業することができます。

当初は娘も親たちも、このコースの存在は知らず
イギリスと同じシステム(ファウンデーション1年+大学3年)
くらいに思っていたのですが
留学エージェントが希望の大学と確認してくださり
この進路を提案してくれました。

もちろん学費もセーブすることができますよね。

英語コースに入る前から進路をある程度決めることとなるので
高校での成績(特にITの場合は理数の成績なども見ているよう)など
Diplomaを選択するには一定の条件はあるようです。
これも大学・学部により異なります。

先週あたりから、メールが届き
Diplomaに向けての履修科目登録などを、娘のほうで行っています。

登録画面で不具合があり
早速大学とやりとりして、
解決し手続き完了しているようでした。

素早い!!

去年の今頃は
大学からのオファーはもらえたといっても
卒業時の成績を提出するまでは書類もそろっていないので
ズボラながらもズボラ母の方で、
留学エージェントや大学とやりとりしつつ四苦八苦していました。

それを思えば今はすっかり娘まかせ~~

厳しいロックダウンも
新規感染がかなり落ち着き、少しずつ緩和の方向。
とはいえしばらくはオンライン授業が続きそうです。

10/12~のオリエンテーションの話
楽しみにしているズボラ母なのでした




オーストラリアに到着して、
6週間以内で銀行口座開設すれば
必要なのはパスポート口座に開くためのお金のみ

そういうわけで到着するやいなや銀行口座を作りたいのですが
もう1つ必要なのが
TFN(タックスファイルナンバー)

これはオーストラリアの納税者番号のこと。

オーストラリアで働くときだけでなく
銀行口座開設のときにも必要になります。
*預金の利息分が課税対象とみなされるため

学校が本格的に始まる前にやっておこう!ということで
ウェブサイトから娘本人が申請を行いました

ATO(Australian Taxation Office) のウェブサイトから申請ができます↓
Apply for a TFN

留学エージェントからもらった冊子にも
TFN取得の手順については書いてあったのでそれも参考にしながら。

この質問がわからない~
住所の区切り方がわからない~
次の画面に進めない~

などいくつかLINEで質問はきたものの
ズボラ母もこんなのやったことないよ(笑)

その冊子には
申請所要時間は約20分
と書いてありました。

本当にもののそれくらいで
「できた!
とLINE.

いったん仮のリファレンスナンバーが発行されますが
正式なTFNの通知
指定の住所に28日以内に郵送で届きます

この仮ナンバーをとりあえずもって
次は銀行口座開設です!

思えばこんな生活に必要な手続きも
娘本人は自分で(そりゃこの前まで高校生だったのだから)
やったことはない。

何もかもが社会勉強ですね。

1つ1つ進んですごいな~と思うズボラ母なのでした。





このページのトップヘ