海外進学を応援するズボラ母の備忘録 次女編

地方の公立小・中・高校を経て、オーストラリア Monash大学へ進学する娘(次女)を応援するズボラ母の備忘録。Monash CollegeのBridgingコースからのスタートです!

カテゴリ:留学中 > 持ち物

最近の若者は普通のことなのかもしれないですが、
大学授業のノートはタブレットでとったりするんですね。

娘から
「iPadがほしいと思っているんだけど・・」と。

どんな機能になっているのか
その目的でズボラ母は使ったことはないし
専用のペンも持っていないので
イマイチどんな感じか想像がつきませんが
ペーパーレスで地球に優しいのは確かなんですかね(笑)

ズボラ母の大学時代といえば
(今もある?)
大学名やロゴなど入った
レポート用紙や、リングノートのレフィルが購買部に売っていた。

大学のロゴ入りリングノートのごっついカバーなんかも買っちゃって
結構かさばる荷物ではあったなぁ~

今はパソコンを持って行ったりするので、それはそれで荷物多そう・・・
といってもコロナのせいで(おかげで?)大学通う頻度が減ってますね。

娘の場合は、まだ大学通学がまったく再開していないので
他の同級生がどんな形で、方法で勉強しているのかは
あまり目の当たりにすることはないようです。

とはいえ来週からDiplomaもスタート。

これまでのBridgingの授業でも
PCでzoomをつなぎつつ、
資料のパワーポイントなどは別に表示していたようなのですが
スマホ画面だと小さすぎ
もう1台古いPCでうつすと、拡大とかがすぐできない

など不便もあった模様。

遠隔授業であることも背景にありそうですね。

ノートの整理もデータのほうが楽そうということで
iPadを・・ということになったようです。

長女のほうも建築で、スケッチもしたりすることから
タブレットが欲しいといわれていたのですが
昨年夏にズボラ母のスペックの高くないiPadを、日本から持ち帰りました。
スペック低いなりに、あると便利らしい。

次女はまもなく現地でiPadを買うことになりそうですが
通販よりも
 やっぱり店舗で買ったほうがいいかな~
 でも応対(英語での)が心配だな~
 ホストマザーについていってもらうかな~

などとブツブツ言ってました。

確かに日本語で買うにしても
PC関連とか、携帯、家電製品とか
これ!と決まっていればいいけれど、
質問しても、お店の人の説明が外国語のように聞こえ
気が遠---くなること、ありますよね。

Diplomaスタートして
なるべく早めにタブレットGETできますように!
と祈るズボラ母なのでした。


日本からオーストラリアへ送ったSAL便
2便とも届かず
2便目は約1か月後に、我が家へ舞い戻ってきたことを書きました。

 過去ブログ:SAL便が届かない・・・ ~COVID-19の影響~

このブログにも書いたとおり
1便目は3月15日に発送したのです。

それが
な、なんと、、、
6月上旬に、日本の我が家へ戻ってきました


さすがに3か月。
宛先にしたホームステイ先も引っ越してしまいました。。。
(届いたら連絡してねーとはお願いしたけれども)

1便目の中身は、もうあきらめモードでした。

我が家へ帰ってきた小包は
段ボール箱がボコボコにへこんでいて
配達してくださった郵便局員さんも
「こんな前に送ってくださったのに、ごめんなさい
ととても申し訳なさそうでした。

6月に入り、
オーストラリア内で、国際郵便で到着済のものは動き始めたようなのですが
その間どこかにずっと保管されていたのか
箱はへこんだうえ、
宛名の半分(宛先部分)が破損
し、届けられず日本に戻された模様。
日本の住所(差出人部分)が残っていたので、かろうじて戻ってきたようです。

2便目は、日本を飛び立たず
返送となったので、送料の払い戻しがありました。

・・が、1便目は一度オーストラリアに行ったので、
問い合わせてみたけれど、払い戻しは無い様子。
日本郵便側は役割は果たしたということで、
必要ならオーストラリアへ調査依頼をかけるフォームはありますよ、、、とのこと。

このコロナの時期にさらなる依頼をする気にもなれず
調査依頼フォームはいただいたけれど、そのままにしています。

しかし、娘は気にしていた洋服も紛失せず一安心。

なーーーんにもオーストラリアの娘のところには
届いていないんだけどね(笑)


娘は寒くなってきて
セーターのほか、
オーストラリア現地のZARAで、コートもちゃっかり買っていました。

早く郵便も再開して
国境を越えた往来も再開することを
切に願う
ズボラ母なのでした。





COVID-19影響シリーズが続いております・・・

だんだんと冷えてきた秋のメルボルンです。

スーツケースに入れていった服だけではちょっと寒くなってきて
セーター送って~
と頼まれ、

① 3月15日頃 第1便発送(SAL便・小型)
② 3月20日頃 第2便発送(SAL便・小型)


の荷物を郵便局から発送しました。

新型コロナウィルスも広がってきていた時期なので
オーストラリアはまだ大丈夫だと思いますが、
 コロナの影響でちょっと遅れるかもしれません。」

とは郵便局で言われました。

しかし
イギリスの長女にはこれまで何度もSAL便を送って
1回を除き、目安の2週間以内には届いていたので、
追跡は付けないで次女に荷物を送りました。

イギリスだと5日ほどで届くことも!
しかもロンドンではなくニューカッスルでも!

2週間で届かなかったのはこの時だけ↓
 過去ブログ SAL便は何日で届くのか?(長女編より)

次女がいるメルボルンへ送った荷物の話に戻りますが
2週間を過ぎても届かない。
やっぱりCOVID-19のせいね・・と思い始めました。

が、1便目から3週間たっても、4週間たっても届かない!!
「寒いのにヒートテックが足りん・・・

2個とも届かないは問題だな・・と思いだし
必要なものは現地調達しよう!と
zoomでつないで一緒にユニクロ・オーストラリアでオンラインショッピング
Uniqlo AU はココ

国内物流は問題がないようで、
無事に予定どおり到着しました
これでヒートテック増強。

そんな頃、我が家へ見覚えのある箱を抱えた郵便局員さんが・・・
「戻ってきちゃいました・・・」
なんと、関空を飛び立っていませんでした・・・

がーーーん

なんと2便目のほうが戻ってまいりました
発送から3週間強の話です。
荷物を郵便局へ持っていき申請すれば発送費用は返還されるとのこと。

娘もそれを聞いてビックリ!ですが
大事な洋服とかが紛失してなかったことには一安心

1便目はいまだ戻りもせず、届きもせず・・
1便目もまだ大阪にいたりしないよね~~
と思いを馳せるズボラ母なのでした。

留学エージェントに聞いたところ、
スマホはSIMフリーの本体を持っていき
現地でSIM契約がよい

とのこと。

オーストラリアに行く前に、
日本に「オーストラリアのSIM」を届けてくれるショップもあると聞き
意気揚々とそこに申し込んでみたら、
春で語学研修なども多いせいか、申込殺到で新規申し込みを中止してました

結局ホストファミリーが決まってから
日本でSIM契約をオンラインで行い
届け先をホームステイ先にすることに。

オーストラリアの携帯電話キャリアは
日本のドコモ、au、Softbank的な3大キャリア
Telstra (テルストラ)
Optus (オプタス)
Vodafone (ボーダフォン)

です。

さらに日本のYmobileやUQモバイルのような格安SIMのショップも多くあり
留学や転勤の先輩方のブログなども参考に
Optusの回線を使った、
格安SIMの「Amaysim」に発注することにしました。
https://www.amaysim.com.au/

契約条件は日本のよりもずっとシンプルで、
各社の比較もしやすかったです。

1か月で何ドル払えば何GB使えるのか?が比較の主なポイントです。
Amaysimはちょうど手ごろなプランが
さらにキャンペーンで安くなっていたので、決めました。

とはいえ
オンラインの申し込みをやっていたら
いつから課金の「1か月」はスタートするの?
 (SIMの出荷時点から?アクティベートから?)
日本のクレジットカードでうまく支払える?
 (1枚目のVISAカードはうまく処理されず、結局別のカードにした・・)

などこまごまと不明なことが発生します。

そんなとき、Amaysimのチャットサービスで質問すると
リアルタイムで疑問が解消されて、
安心して発注することができました。

これも英語でやりとりなので
ズボラ母がもたもたしていたら
「Are you online? (まだつながってるよね?)」と聞かれる始末(笑)

なんとか発注手続き完了し、
今日は発注後、4営業日目なのですが
ホストマザー宅に到着したそうです!

一安心のズボラ母なのでした。



このページのトップヘ