海外進学を応援するズボラ母の備忘録 次女編

地方の公立小・中・高校を経て、オーストラリア・メルボルンのMonash Collegeへ進学した娘(次女)を応援するズボラ母の備忘録。Bridgingコースを無事修了し、Diplomaコース(IT)で勉強中。

カテゴリ:留学中 > オーストラリア

明けましておめでとうございます

長女はスウェーデン
次女はオーストラリア
ズボラ母とズボラでない父は日本で
無事に新年を迎えました。

お正月には、
帰省できなかったズボラ母の弟家族、
娘たちのおじいちゃん・おばあちゃんもつないで
オンライン帰省会をやりました

年が明けて数日後、
娘(次女)のホストマザーからのクリスマスカードが届きました。
かわいいカード!

モモイロインコ

このカードにいる鳥は
Galahといって、オーストラリアに生息する
「モモイロインコ」なのだそうです。

ググって写真を見てみると、
か、かわいい!

本当にピンクで
ヘアスタイルがリーゼントです(笑)

ホストマザーによると、
うちの娘も散歩中とかにその辺で出会っているとか。

ズボラ母は
カラスか鳩くらいしか会えませんが
こんな可愛い鳥に道すがら会ってるの?
と本人に聞いてみました。

「うん、いるよー」
と軽いお返事。

そういえばブリスベンにホームステイしたときも
家のそばを孔雀が歩いていたっけ。

 長女過去ブログ参照:スウェーデンの素敵な日常

「写真だと可愛いけど
 生で見るとデカくて苦手

とのこと。

鳩くらいのサイズで、
インコ的な可愛さは皆無。
優雅な雰囲気をまといながら
芝生で必死に、ミミズを食い漁っている現場を目撃
したそう(笑)

野生ですねーー

ホストマザーのお手紙を読むと
娘はホストファミリー宅で
よくお手伝いをし
よく勉強している
らしい

ほんとかな

お忙しい中、メルボルンの様子を知らせてくれて
感謝感激のズボラ母なのでした



オーストラリアの
新型コロナウィルス肺炎の新規感染者数
は、かなり落ち着いてきました。

1日の新規感染者数が、オーストラリア全体で、
10~20人台になってきています。

そのため、5月中旬ごろ段階的ではありますが、
外出制限などの規制が一部緩和となりました。

これまではお店もほぼ閉まっていて
行けるのはスーパーマーケットかドラッグストアくらい。

前のホストファミリー宅はマンションで1階がColes(スーパーマーケット)だったので
外出といえば
そのColesにいくか、
ごく近所のアイスクリームやさんだけでした。


新ホストのお宅に引っ越してからも
最初の買い物時は(ホストマザーが車で連れて行ってくれる)まだ
スーパーマーケットや食べ物・飲み物のテイクアウトのお店
が開いているくらい。

(娘はホストマザーにカフェラテを買ってもらってたゾ(笑)

しかし規制緩和後、はじめてのショッピングモールに連れて行ってもらったら
洋服のお店も開いてる!!

しかもなんだか高級ブランドも立ち並ぶ、オシャレーなショッピングモール
娘にとっても入りやすい
ユニクロ、H&M、ZARA、無印良品などもそろっています!

娘はちゃっかり愛用の無印良品の化粧水もGETしてました

オーストラリアではマスクは今は必須ではないようなのですが
入口では消毒液をバシャッと吹きかけられ
検温はされるそうです。


寒くなってきたが、洋服も日本から送れない今・・・
 荷物が届かない話 →過去ブログ:SAL便がとどかない・・

これで現地で通販だけでなく、
冬服をGETできそう、、
と一安心のズボラ母なのでした。

大学への通学はまだっぽい・・
この話はまた次回に。


いよいよ
次女のオーストラリアでの留学生活スタート
です!!

姉である長女は現在イギリスの大学へ留学しています。
長女のブログはココ↓
海外進学を応援するズボラ母の備忘録 長女編

長女とはまったく見かけも性格も違う次女。

まさか次女まで留学!?と思いましたが
長女が留学していることで、
自然と進路の選択肢の1つとして、「留学」が入っているのですよね

留学を決めていく経緯は追々書くとして、
大変な時期に日本を旅立つこととなってしまいました

数か月前まではオーストラリアの心配事といえば
森林火災

オーストラリアはもともと森林火災が多いですが
これまでにない火災が続き
世界的なニュースとなりました。

娘が行くモナシュ大学は、メルボルンにあります。
メルボルンのあるビクトリア州でも森林火災が深刻化。
旅立つ3月にはどんな状況になっているのかとニュースを追っていました。

雨が多くふって、いったん落ち着きつつあると思っていたら
今度は新型肺炎、COVID-19の感染拡大
出発の日まで、
次々とオーストラリアが、
中国、イラン、韓国と入国制限を発信し
いつ日本も対象になるのか!?と心配していました。

が、
なんとか娘は無事
メルボルンのホストファミリー宅に着きました

留学には予期せぬことはつきもの。

森林火災、COVID-19のことがなくても、
次々と問題を乗り越えていかないといけないのでしょう。

新しい課題を前に不安になることもあるかもしれないけれど
果敢に立ち向かってほしいな~
日本から応援するズボラ母なのでした






このページのトップヘ