海外進学を応援するズボラ母の備忘録 次女編

地方の公立小・中・高校を経て、オーストラリア Monash大学へ進学する娘(次女)を応援するズボラ母の備忘録。Monash CollegeのBridgingコースからのスタートです!

タグ:オンライン授業

海外も日本も、
COVID-19の影響で大学のオンライン授業が続いていますね。

オーストラリア
国内の新規感染者数が1日 10名前後に落ち着いてきて
回復者数が多くなっていることもあり
登校再開の動きがでてきています。

娘が通うMonash大
特に大学にいかないと研究が進まない最終学年の学生や
新入生など

優先度が高いグループから
少しずつface-to-faceの授業がはじまってきているようです。

娘のところはまだながら、
これは嬉しいニュース!

先日書いたように
 過去ブログ 「クラスメイトが4人→25人に!?」
娘のクラスは
中国現地からオンライン授業に参加している生徒も多いので
しばらくはオンライン授業が続くのでは?とのこと。

同じホームステイ先にいるベトナム人のMonash大生
専攻が看護ということで
彼女も通学が一部再開したようです。
確かに医学や看護って実習や、現場で見ないとわからないものも多そう。

娘も早く対面授業をしたいのかと思いきや
のんびり在宅でオンライン授業~~
のリズムに慣れ過ぎていて、
もうしばらくオンラインでいいかなー
だって(笑)

どこまでいっても適応力がすごいなーと思うズボラ母なのでした



語学学校のスタート時のことはココで書きました。
 過去ブログ 語学学校スタート!

当初は中国人2人、ベトナム人1人、娘の日本人1人
計4人。

そのあと3人中国人が加わり
7人になっているところまでは聞いていました。

しばらく聞いていなかったら、なんと今は
25人とな!?

いつのまに増えたのかと思ったら
オーストラリアの入国制限(COVID-19対策)のため、
入国できなかった生徒が
中国からオンラインで授業に参加
しているとのこと。

クラス名簿をみたら、ほぼ中国人だろうけど
1名名前がベトナム人とおぼしき人がいる!

これは日本人の娘にとっては大問題

今までも中国人が多いので、
授業中、少人数にわかれてワークするとき
中国人2名、日本人1名(娘)の組み合わせになったりすることも多々。
ついつい相談が中国語になったりして、意味がわからず困りもの。

 *zoomではブレイクアウトルームを使って、
  3人組で個室に入る、、というようなことが、バーチャルで可能です。


中国人1名、ベトナム人1名、日本人1名(娘)の組み合わせならば
マイナー国のベトナムの子と妙な連帯感がうまれ
ちょっとほっとして、手を振りあったりしていたようなのです。


そこへベトナム人がさらに入っちゃったら!?
1人なのは日本人だけで超マイナーじゃん!
超アウェーーーじゃん!!

・・と心配していたら、
そのベトナムっぽい名前の生徒も中国人でした(笑)

でも中国人が増えたことには変わりないので
娘が中国語も聞ける機会はさらに増えています。
遠隔の環境ながら中国人のお友達ばかり増えている様子。
WeChat(日本のLINEのようなSNS)でやりとりすることも多いそうです。

しかし25人。。。
とってもお世話を焼いてくれる
担任のトニー先生だけでは回らなくなったのか
もう一人おばあちゃん先生が加わったそうです。
先生のことはまた書きます~

急に人数が増えて、最初は混乱もあったらしく、
半分に分割して授業を行うことに。

娘のクラスは13人に今はなっているということで
ちょっぴり安心したズボラ母なのでした。

オンライン授業なのに毎日いろんなことがあるんだな~


オーストラリアではアメイシムのSIMを使っていると以前書きました。
過去ブログ:オーストラリアでのスマホは?

娘は35GBで30ドル(AUD)のプラン。
初月はキャンペーンで
10ドル/月
でした。

クレジットカードの明細を見たら
3月 $10(AUD)  730円
4月 $30(AUD) 2,041円

の請求。

や、安い!

COVID-19で各国大変な時期。
オーストラリアも外出制限があり
多くの国民がおうちにこもっています。

データ容量が足りないでしょ?サポートしましょう!
ってなことで
アメイシムから30GBのプレゼント!
IMG_1249

アメイシムのメールにはこんなメッセージ。
During this unusual time we want to help you stay connected.
(大変なときだから、”いつでもネット接続”のお手伝いをしたい)

今はホストファミリー宅にほとんど引きこもってオンライン授業中なので
ホスト宅のWiFiでほぼ事足りているのですが
娘のスマホのデータ残量はなんと63.99GBに!

その後
「またギガ増えた!!
と連絡があり、アプリ画面には以下の表示が・・・

IMG_1247

日本のなんちゃらギガモンとかいうプランより全然すごいな・・

日本でも学生向けには追加データが無料などの措置が
各携帯電話キャリアでとられていましたね。

ズボラ母はまだ恩恵を受けてないけど・・

昨夜は娘とzoomで話し、ホスト宅のネットが不安定だったので
すぐに娘のスマホにつなぎました。
安定~~
かつデータが十分あるので
安心~~

アメイシムのご配慮に感謝しつつ
早期のCOVID-19の終息を祈るばかり
のズボラ母なのでした。


オンライン授業がはじまってはや2週間以上。

娘はzoomで毎日授業をやっています。
関連記事:オンライン授業はzoomで

1週目は慣らしで1日2時間。
翌週からは1日4時間。


ずーっとオンラインも先生も大変なので

12:30-14:30 授業
14:30-15:30 休憩
15:30-17:30 授業


時間は違うかも?ですが
午後から2時間授業+1時間休憩+2時間授業のサイクルです。

基本的に現在は大学附属の語学学校に通っているので
学ぶことといえば
英語

娘が通っているBridgingコース
IT学部寄りの内容や
より大学で使うためのアカデミックな内容

学ぶコースにはなっているものの、まだコースもはじまったばかり
基本的に学ぶことは「英語」です。

先生も大変だろうな~~と思うのですが
 生徒同士でペアを組んで会話の練習をしたり
 聞き取った英語の要約をしたり
 Readingの授業もやったり

しているそうです。

ズボラ母の仕事関係でも
COVID-19感染拡大にともない、在宅勤務が増え
zoomのことをよく聞くようになりました。

ズボラ母も使ってみたいゾ

ということで
今日ズボラ母も
zoomデビューしました!

zoomとは
WEB会議をするためのクラウドサービスで
1:1だけでなく複数名の会議や授業を可能にする
ビデオ・WEB会議アプリケーション
です。

パソコンにも、スマホにもアプリをインストールしました。

「今日はzoomでつなぎたいんだけど、どうしたらいい~?」
と娘に聞いて、LINEでミーティングIDとパスワードを送ったら
すぐに接続できました!

無料サービスでは複数名の会議は40分まで。
1:1ならば無制限なので今日も問題なく1時間以上話ができました。

娘たちの新しい経験にも刺激されて
自分も新しいことに触れられて
ありがたいな~~と思うズボラ母なのでした。




留学生活をはじめたばかりの娘は
ホームステイをしており、
ホストファミリー宅から大学へ通う予定でした。

そう・・・
COVID-19の感染拡大にともない
語学学校開始数日で、オンライン授業に切り替わったため
現在はほとんどの時間をホストファミリー宅で過ごしています。

娘のホストファミリーはホストマザーの一人暮らし。
オーストラリア到着後数日は、
他の日本人留学生もステイしていましたが、すでに帰国済。
娘とホストマザーの二人暮らしとなっています。

ホストマザーは、娘とは別の大学の先生で
彼女もまたCOVID-19感染拡大の影響を受けて
在宅勤務となっています。
外出も必要不可欠なものに限られ、かなりの自由を奪われています。

だれにとってもストレスフルなこの状況のなか
娘のことを心配し、声をかけてくださるそうです。

オーストラリアも
海外からの帰国者の感染者数が急増しており
ホストマザーからは「手書きのルール」をもらっていました。

そこには
シーツの交換頻度
デスクなど定期的に拭くこと
キッチンを使ったら都度掃除すること
しばらくの間友達とは会わないこと
・・・

などなど書かれており、最後には
「こんなお願いをしてごめんね
というようなメッセージもあったそうです。

もちろん文面だけでなくホストマザーと話をしたようす。

オンライン授業中のなか、
大学の友達から、外では食事ができないので
ホームパーティ的な食事会に誘われたそうです。

ずっと閉じ込められているため、とっても行きたかったそうですが
ちゃんとホストマザーに相談をしたそうです。
やはり、「No」と言われたそうですが
本人もやっぱりこの時期に出ることは不安があり
相談してスッキリしたようです。

本当の家族であっても、
ずっと同じ空間にいたら、普段はないようなストレスもきっとあることでしょう。

必要なコミュニケーションはとりながら
適度な距離をおいてくれる

ホストマザーに対し、娘も、ズボラ母もとても感謝しています。

とはいえ留学生活のなかで
大学の友達ともいつもパソコン画面越しなのはさみしい
早くいつもの生活が
 オーストラリアにも、日本にも、世界中に戻ってほしい

切に願うズボラ母なのでした。


このページのトップヘ