海外進学を応援するズボラ母の備忘録 次女編

地方の公立小・中・高校を経て、オーストラリア・メルボルンのMonash大学に留学した娘(次女)を応援するズボラ母の備忘録。 Monash College Bridgingコース、Diplomaコース(IT)を無事修了。 Monash University 2年生に編入(IT)して勉強中。

タグ:オーストラリア留学

メルボルンのロックダウンが1週間延期となりましたが
延期後は予定どおり制限緩和となりました。

さすがオーストラリア!


ワクチン接種も進んでいるようですが
現在30代あたりが対象のようで
20歳になったばかりの娘はもう少し先になりそうです。

60代のホストマザーはワクチン接種済、
(元気な彼女もさすがに当日はぐったりしていた模様)
30代のホストシスターはまだなものの
その彼氏は接種済だそうです。

さて、前回ロックダウンで
予定していたアルバイトのトライアルも延期となっていました。
 前回ブログ:メルボルンのロックダウン再び

せっかく休みに入ったのに
2週間ほどは結局ロックダウンで外出ままならず
大学がはじまるのも、オリエンスタートの時期を考えると
7月中旬からで、あまり日数もないため
アルバイトは無しになったのかな~~と思っていました。

ズボラでない父は
「知らないうちにはじめて、
 ”もう3回くらいバイト入ったよ”とかいうんじゃないの?
と、これまでの娘の行動から
冗談で噂をしていました。。。

が、この噂どおり!!(笑)

先日話して
ズボラ母「バイトは結局ポシャったの?」
娘   「え?もう3回行ったよー。
     今日もデイシフト(10:30-16:30)で入ってきたよー。
     疲れたからチョコクッキー買ったー(笑)」
とな!?

日本料理の居酒屋?バー?的なところで
キッチン担当です。

日豪プレスか (ウェブサイトはこちら:日豪プレス
DENGON NET (ウェブサイトはこちら:DENGON NET
だったかで見つけたそうで、
日本人を募集している求人記事をみて面接を受けたらしい。
*この2つのサイトは娘御用達。
 DENGON NETのほうは、渡豪前にズボラ母のママ友(AUS居住歴有)に教えてもらっていました


「まかないがめちゃ美味しい!!
とも。。。

でしょうね(笑)
日本料理のお店ですもんね

ホストマザーの料理もおいしいし
バイト先のまかないもおいしいしで

最近日本に帰国する理由が見つからないとまで言ってる

恋しいのはバスタブに浸かることくらい

ちょっと前は
もう帰るーー
帰国するーー
次の休みは絶対日本ーーー
などとのたまっていた娘が、、、

嘘のようです。

バイト先の方々は娘より年上の方が多く、
いい人ばかりで、いろいろ助けてもらっている様子。

さすがに始めたばかりで、気疲れもするようですが
みなさんに助けられて、がんばって働いているようです。

コロナ禍でも
大学での勉強以外のことでも
人生の経験を積極的に積んでいっている娘
うらやましくも、誇りに思うズボラ母なのでした。

というわけでしばらく帰国しそうにありません





オーストラリアで1日10名前後の新規感染が続き
またまたメルボルンは
ロックダウンとなりました。。。

このたびも厳しく素早い判断です。

5/27にロックダウンに入り、
6/3夜までの予定でしたが
さらに10日間延長となったようです。。。

さて、前回ブログで娘と音信不通だったズボラ母。
  前回ブログ:音信不通ですが・・・

授業も終了?
テストも終了?
もうDiploma修了?

・・とカレッジのスケジュールは大体わかっているのですが
本当に音沙汰なく。。。

姉(長女)経由では
「もうテスト終わったみたいよーー」
とは聞いていたので
そろそろ電話できるかな・・?とムズムズしていたズボラ母。

やっとLINEビデオで話すことができました(1か月半ぶり!?)
勉強は大変そうだったけど
元気そうで何より

が、このロックダウン。。。

以前もせっかくの休暇で楽しい予定を入れていたら
ロックダウン・・・
ってことありました。
 過去ブログ:タグ:ロックダウン

音信不通だった間、
勉強やテストで忙しかったのはもちろん
休みに入ったらすぐにはじめられるようにアルバイトを探していた娘。

日本食のお店のバイトを見つけ
これから試用期間・・というところでしたが
これもロックダウンで延期だそうです。

日本も複数の都道府県緊急事態宣言がでて
ズボラ母が住む県も該当しました。

この状況を冷静に見ていた娘。
Diplomaが修了したら
「絶対日本に帰国する!!
と言っていた娘ですが、すっかりトーンダウン。

姉(長女)に聞くところによると
「夏休み(あっちは冬だが・・)は帰国しないつもりみたいよーー」
とのこと。

これまでも何度も帰国を考えましたが
そのたびになんらかの心境変化があったことは
ズボラ母もうっすら感じます。

専攻変更することや
いったん休学することなども
いろいろ心境変化があり、再度じっくり考えているところ。

音信不通期間も3Dの課題など、勉強に集中・没頭し
 自分の興味や関心
 自分の潜在能力
 身についたスキル
 一方で足りないと思ったスキル

短い間にいろんな発見があったように思います。

ロックダウンでなんにもできない!と嘆くのではなく
この方が早道だもんね、とドッシリかまえている感もありました

なんだか強くなったな~~

今月には20歳を迎える娘。
大人になる娘にバースデーカードをしたためるズボラ母なのでした



ここしばらく娘とは
LINEのテキストでも返信ありませんー

母娘だと
友達感覚で頻繁にSNSなどでやりとりする親子もいると思いますが
長女も次女も、わりとアッサリしたタイプ
ベタベタした感じは元々ないのですが・・・

ズボラ母は「母」なんで
 おせっかいだ、うるさい!と言われようとも
 20歳前後の大人になろうとも
子どもは子ども。

いつも、いつでも、気にかけているし
余計な心配(笑)もする


この時も余計な心配をして疲れました。↓
 過去ブログ:悩むズボラ母。。。 ~専攻を変えたい~

祖父(ズボラ母の父)や姉(長女)にはこの間も返信しているので
元気なことはわかっているのでそこは問題なし。

多分勉強で忙しいんだろうな~~と思っていたところ
次女とやりとりした長女が
相当課題大変そうだよ!
と教えてくれました。

 長女は建築・都市計画(スウェーデン)
 次女はIT(オーストラリア)なので
専攻や留学先は違うのですが
留学していることや
どちらもデザイン系、3D系のソフトウェアを使うので

共通項もあって、最近はやりとりする頻度も多くなっているよう。

姉妹は4学年違いですが、
次女はいつでも
「お姉ちゃんと同じことができると思ってました
小2でお姉ちゃんが九九の練習をお風呂でやれば
保育園児なのに、1の段、2の段、5の段を覚えてた(笑)

姉妹のキャラクターは全く違うので
これまた友達姉妹では全くなく
留学後もお互いのLINEアカウントは登録してないくらい
ドライな関係でした。

ここへきて、ズボラ母が
長女から次女の話を聞くことになろうとは!!
姉妹のやりとりがあるのを聞くのは
なんだかちょっぴりうれしいズボラ母です

多分ズボラ母が娘(次女)の今の勉強の話を聞いても
どれくらい大変とかわからないと思うのですが
長女がそう思うのだから相当!

長女はこの5年間で
留学生活の酸いも甘いもたくさん経験しています。
「多分、(妹は)土日も時間をおしんでやってるんじゃないかな・・」

長女の模型を作ったり、プレゼン資料を作ったりも
やること多くて地道な作業ですが
プログラムを組んだりするのも、本当に地道な作業ですよね。
(ズボラ母はよくわからんが)

まー、色々いっても
 ズボラ母としゃべるのめんどくせーーー
 未読スルー(or既読スルー)しとけーーー

的な感じではあろうと思いますが
姉がそう感じるくらい勉強に没頭できているのはすばらしいこと。

先日は長女の最終プレゼンの話とかも聞いて
   長女ブログ:大学院1年生終了。
この次女のがんばりっぷりを長女経由ながら聞いて
仕事が大変だとかぬかしている場合じゃないゾ!
自分の仕事も頑張ることができました。(いや、これからも・・)

今月中にはDiplomaの授業がすべて終了し、
来月頭まであるテストが終わると修了します。

またテストになると思うと
音信不通記録を更新し続けそうですが
陰ながら娘の健康と幸せを祈るズボラ母なのでした。

母っていろいろ苦しいね(笑)!
(若い頃の自分に反省)







娘のパスポートは今年の6月頃までの有効期限。

コロナがなければ(落ち着けば)
どこかで一度帰国したときに更新しようと思っていましたが
2月のターム間の休暇時も
帰国を断念

メルボルンでパスポート更新をすることとなりました

いろいろ手続きが面倒そうーー!
と言っていた娘ですが・・・

調べてみると
現在通っているMonashカレッジから
在メルボルン日本総領事館は歩いて15分程度!?


姉(長女)はスウェーデンの大学院進学にあたり
これまたコロナ禍の昨年
イギリスでパスポート更新をすることになりました
 長女ブログ:パスポート無事更新!

イギリスのニューカッスルだと
最寄りの日本領事館はエディンバラ。
過去ブログにもあるとおり、ちょっとした小旅行。
コロナ対応で1日で更新・発行できるようになっていたのはありがたかったです。

姉も
妹がメルボルンでパスポート更新をするのを躊躇しているのを聞いて
「そんなに近ければ、
 行けば日本語対応だし簡単だよーー」

と後押し。

ただ、長女と違うのは
次女はまだ19歳で未成年ということ。
更新の申請書に保護者のサインをするか、
別紙になった承諾書的なものを添付する必要があります。

こちらもメルボルンの日本領事館にメールで問い合わせたところ
すぐにお返事をくださり
郵送した手書き原本でなくとも
スキャンデータをメールで送り、それを出力したものでも構わないとのこと。

とってもフレキシブルではないか!!

オーストラリアへの郵便物は
なかなか思うように、予定どおりに届かない昨今だったので
気持ちが楽になりました~

また、パスポート用の証明写真
日本だとセルフで撮影できるブースがあちらこちらにありますが
フォトスタジオなどでパスポート用写真撮影をお願いするか
郵便局で写真を撮れるようになっています。

これも次女はちょっとドキドキしていたようですが
郵便局で無事写真が撮れたそうです。

書類もそろい
(結局他の荷物と送ったものがスムーズに届いたのでそれを使用)
意気揚々と日本領事館へ行った娘。

なんと館内のスタッフはオーストラリア人で
コミュニケーションも英語!

お姉ちゃんの嘘つきーーーー

とはいえ、オーストラリアですもんね(笑)

書類チェックの担当だけは日本人だったそうです。

ドキドキしつつも手続きを終えて
そろそろ新しいパスポートも手にしているハズです。

有効期限の関係で
ギリギリ20歳になる前の手続きとなってしまい
もう1回5年有効のパスポートとなりました。

コロナでどっこも行けないけど
やっぱり有効期限きれる前に更新したほうが手続きは簡単・・・
8月のパスポート期限切れを前に、
更新するかどうか悩んでいるズボラ母なのでした。




少し前の話になりますが
前のターム(学期)の成績がでたときのこと

日本だと数字の5段階評価とか
A~Eとか(それにSがあるとか)
だと思いますが
「HDが取れたー!
と喜んで連絡がきました。

HD?ハードディスク!?
いやいや、これは
High Distinctionの略らしい。

長女のイギリスの大学での成績もよくわかっていませんでしたが
ここへきてまたもや新たな発見
  長女編過去ブログ:最終成績がでました! ~2:1って何?~

いくつかパターンはあるようですが、
Monash Collegeの付け方はこんな感じみたいです。
 *(  )内の%は正式なものがわかりませんが、評価の大体の目安です。

HD : High Distinction (80-100%)
D : Distinction (70-79%)
C    : Credit  (60-69%)
P    : Pass (50-59%)
N    : Fail (50%未満)
*なぜかCodeはFでなくNらしい

今回の娘の成績は、
HDが2科目と、Dが2科目だったかな?

N(Fail)が付くと単位を落としたことになるので、進級できません。
(実際にクラスメイトにいたようです。)

とにかく素晴らしいじゃないかーー!

受けている授業もよくわかっていないズボラ母なのですが
がんばったことはわかったゾ

オーストラリアの授業は
1つの科目について、
講義とチュートリアルにわかれているようで
これも理解を深めてくれる仕組みなのでしょうね。

チュートリアルは少人数になるようなので
講義の先生と別の先生になることもあり
こっちの先生のほうが質問しやすい、わかりやすい、とかあるようです。

成績は最後のテストだけで評価されるのではなく
科目ごとに、参加度やプレゼン、小テスト、最後の大きめのテスト、
それぞれが成績全体の何割くらいを占めるのか?が提示されており
それも参考に選択する授業を検討するようです。

高校時代も
ぜーんぶに全力投球じゃなくて(笑)
これは捨てる、これは頑張る、と力の入れどころのメリハリをつける
合理的な娘

高校の先生にとってはヤな生徒だったかもしれません~
でも今はそんな技も使っていかないと、
アップアップになってしまうのでしょうね

そして、今年に入ってからは特に
 対面のみの授業
 遠隔のみの授業
 対面&遠隔のハイブリッド授業

と各科目ごとに分かれているようで、
先生がたもタイムテーブルを組むのが大変そう!

いよいよ今年6月には終わるDiploma.
いまだ、今後の専攻変更は検討中。
 過去ブログ:悩むズボラ母。。。~専攻を変えたい~

今後はどうなるかわかりませんが
今がんばったことはどんな形であれ
娘の血肉になってるはず!

成績の仕組みはわからないながらも、ひたすら応援のズボラ母なのでした



このページのトップヘ