相変わらず娘とは必要最低限のことしかやりとりしないここ数か月、、
ちょっとさみしいズボラ母です

ついにUniversity生活なので
どんな授業?
どんなクラスメイト?

とか根掘り葉掘り聞きたいところですが
静かにしておこうと思います~~

オリンピックのことや、コロナのことで
ホストマザーとメールでやりとりしている今日このごろ。

オーストラリアもだんだん冬が終わり
暖かくなっていっている時期のようです

ホストマザーはすでに新型コロナのワクチン接種を終えているのですが
ついに8/30(月)から
16歳~39歳の若い世代も、
ファイザーのワクチンを接種できることになるようです

ホストマザーが娘も対象になるよ!と教えてくれました。

娘が音信不通でも
ホストファミリー宅で元気にしている様子を教えていただけるのは
本当にありがたいことですし、このコロナ禍には安心なことです

オーストラリアは厳しいロックダウンでかなり封じ込めていましたが
デルタ株が入ってからは、
特にシドニーのあたりで感染が広がっており
少し前までは1日に国全体でゼロとかでても10人レベルだったのが
1日あたり1000人前後まで増えています。

メルボルンのあるビクトリア州
シドニーあたりほどではないにせよ
数十人/日は出るようになり、
ロックダウンの期間がどんどん延長されている模様。

娘は遠隔授業が続き
逆にほっとしているかもしれませんが・・・
(そういう考え方、強いなーーっていつも思います)

さすがのオーストラリア人も
あまりに厳しいロックダウン措置なので
シドニーやメルボルンではデモも発生している模様。
外出もままならないので、それに遭遇することもなさそうですが
気を付けなければなりませんね。

オーストラリアの大学は3年制なので
先月、大学2年生になった娘はあと2年で卒業することになります。

本当にコロナのままオーストラリア留学生活を終えてしまうのでは!?
と思ってしまいますが
ズボラでない父は
「オーストラリアから日本に戻ってこないんじゃないか・・・?」と。

確かに以前は日本の食事や生活など恋しがっていましたが
「メルボルン住みやすい~~
とコロナにもかかわらず、満足気だった娘。

何らかの方法でメルボルンにとどまり続けるかもしれません!!

とにかく今は
全世界のコロナ収束を祈るばかりのズボラ母なのでした。