海外進学を応援するズボラ母の備忘録 次女編

地方の公立小・中・高校を経て、オーストラリア Monash大学へ進学する娘(次女)を応援するズボラ母の備忘録。Monash CollegeのBridgingコースからのスタートです!

タグ:ビクトリア州

COVID-19新規感染者数が落ち着いていたオーストラリアですが
ビクトリア州で新規感染者数が増え、

「ホットスポット」と言われる感染者数が多いエリアには厳しい規制
ビクトリア州(メルボルンなど)とニューサウスウェールズ州(シドニーなど)
  州境は封鎖
メルボルンも警戒レベルがまた戻りロックダウン

となってしまいました。

人口比は違うとはいえ、日本も1日200人レベルの新規感染者数。
緊急事態宣言を出す気が全く無い日本とは大違いですね。

娘は語学学校に在籍中ですが、
現在2週間のプチ休暇に入っています。

この間に
引っ越ししたばかりの友達宅訪問
友達とシティへダンス体験
モールでショッピング
ホストファミリーとドライブ

など、まだ制限はあるなりに、楽しい予定を考えていたよう。

が、再び不要不急の外出は禁止です

とはいえとってもポジティブな娘。
話をしたらそれほど凹んではおらず、
「ニューノーマル」を受け入れているようで
さすが若者は適応力がすごい!と思いました。

ここでも娘のプラス思考には感銘を受けたズボラ母
 過去ブログ オンライン授業だからこそ友達ができる!?

この2週間の休みも、あまり友達と外に出られないので
ホストマザーには「出かけるときは自分をできるだけ誘って」とお願いし
ドライブ中はホストマザーとたくさん話したり
ショッピングでは試着したり(すると店員と必然的に話す)
化粧品について店員さんに聞いたり
スーパーのレジの人と話したり

とにかく自分からいろんな人と話す機会を増やしているのだそう

オーストラリア到着直後は
Coles(スーパーマーケット)でもあえてコミュニケーションをさけ
セルフレジを使っていたあの頃が嘘みたい(笑)

語学学校の授業や
友達とのやりとり
ホストファミリーとのやりとりも増えて

いろいろスピーキング力を試したく、またブラッシュアップしたく思っている様子が
ヒシヒシと伝わってきました。

COVID-19由来で本当に限られた環境だけど
そのなかでも
「このタイミングでオーストラリアに来れてよかった
とポジティブにとらえている娘に
今のコロナ禍、ちょっぴりネガティブになっていたこともあり
とっても良い刺激を受けたズボラ母なのでした。






いよいよ
次女のオーストラリアでの留学生活スタート
です!!

姉である長女は現在イギリスの大学へ留学しています。
長女のブログはココ↓
海外進学を応援するズボラ母の備忘録 長女編

長女とはまったく見かけも性格も違う次女。

まさか次女まで留学!?と思いましたが
長女が留学していることで、
自然と進路の選択肢の1つとして、「留学」が入っているのですよね

留学を決めていく経緯は追々書くとして、
大変な時期に日本を旅立つこととなってしまいました

数か月前まではオーストラリアの心配事といえば
森林火災

オーストラリアはもともと森林火災が多いですが
これまでにない火災が続き
世界的なニュースとなりました。

娘が行くモナシュ大学は、メルボルンにあります。
メルボルンのあるビクトリア州でも森林火災が深刻化。
旅立つ3月にはどんな状況になっているのかとニュースを追っていました。

雨が多くふって、いったん落ち着きつつあると思っていたら
今度は新型肺炎、COVID-19の感染拡大
出発の日まで、
次々とオーストラリアが、
中国、イラン、韓国と入国制限を発信し
いつ日本も対象になるのか!?と心配していました。

が、
なんとか娘は無事
メルボルンのホストファミリー宅に着きました

留学には予期せぬことはつきもの。

森林火災、COVID-19のことがなくても、
次々と問題を乗り越えていかないといけないのでしょう。

新しい課題を前に不安になることもあるかもしれないけれど
果敢に立ち向かってほしいな~
日本から応援するズボラ母なのでした






このページのトップヘ