海外進学を応援するズボラ母の備忘録 次女編

地方の公立小・中・高校を経て、オーストラリア・メルボルンのMonash Collegeへ進学した娘(次女)を応援するズボラ母の備忘録。Bridgingコースを無事修了し、Diplomaコース(IT)で勉強中。

タグ:ホストマザー

相変わらず娘とは必要最低限のことしかやりとりしないここ数か月、、
ちょっとさみしいズボラ母です

ついにUniversity生活なので
どんな授業?
どんなクラスメイト?

とか根掘り葉掘り聞きたいところですが
静かにしておこうと思います~~

オリンピックのことや、コロナのことで
ホストマザーとメールでやりとりしている今日このごろ。

オーストラリアもだんだん冬が終わり
暖かくなっていっている時期のようです

ホストマザーはすでに新型コロナのワクチン接種を終えているのですが
ついに8/30(月)から
16歳~39歳の若い世代も、
ファイザーのワクチンを接種できることになるようです

ホストマザーが娘も対象になるよ!と教えてくれました。

娘が音信不通でも
ホストファミリー宅で元気にしている様子を教えていただけるのは
本当にありがたいことですし、このコロナ禍には安心なことです

オーストラリアは厳しいロックダウンでかなり封じ込めていましたが
デルタ株が入ってからは、
特にシドニーのあたりで感染が広がっており
少し前までは1日に国全体でゼロとかでても10人レベルだったのが
1日あたり1000人前後まで増えています。

メルボルンのあるビクトリア州
シドニーあたりほどではないにせよ
数十人/日は出るようになり、
ロックダウンの期間がどんどん延長されている模様。

娘は遠隔授業が続き
逆にほっとしているかもしれませんが・・・
(そういう考え方、強いなーーっていつも思います)

さすがのオーストラリア人も
あまりに厳しいロックダウン措置なので
シドニーやメルボルンではデモも発生している模様。
外出もままならないので、それに遭遇することもなさそうですが
気を付けなければなりませんね。

オーストラリアの大学は3年制なので
先月、大学2年生になった娘はあと2年で卒業することになります。

本当にコロナのままオーストラリア留学生活を終えてしまうのでは!?
と思ってしまいますが
ズボラでない父は
「オーストラリアから日本に戻ってこないんじゃないか・・・?」と。

確かに以前は日本の食事や生活など恋しがっていましたが
「メルボルン住みやすい~~
とコロナにもかかわらず、満足気だった娘。

何らかの方法でメルボルンにとどまり続けるかもしれません!!

とにかく今は
全世界のコロナ収束を祈るばかりのズボラ母なのでした。


オーストラリアの留学は
語学コース(College)*約半年
 ↓
Diplomaコース(College)*約1年
 ↓
University *約2年
という流れになっています。

留学エージェントがすすめてくださったDiplomaコース
高校の時に成績を提出したら、
Monash大学側からもこちらのコースを提案してくれたようです。

オーストラリアの大学へ進学する留学生は
必ずファウンデーションコースを受ける必要がありますが
Diploma
ファウンデーションと
大学(University)の1年生で勉強することとを
兼ねたようなコースで、
無事に修了したら大学の2年生に編入できます。

IELTSのこのタイミングでの受検も免除されます。

留学エージェントからも
通学年数も凝縮することができ、
費用的にもセーブできますよ!とご案内いただきました。

そして、先日書いたように
無事にDiplomaを好成績で修了することができたので
 過去ブログ:オールHD,そしてStudy Grant Offer!?
ついに7月最終週より、大学生活がはじまっている、、、
ハズ!
です(笑)

というのが、例の音信不通に時々なる娘。
 過去ブログ:音信不通ですが・・・
またしばらくの間応答がありません。。。

自分が必要なときは
何もなかったようにガンガン連絡してくるのですが
こちらからの連絡には既読&未読スルー。

ズボラ母の育て方のせいでしょうか・・

自分が必要なとき↓
3Dとかプログラミング的な勉強の時に目が疲れるからディスプレイを買ってもいいか?
   →いろいろ値段や写真を送ってきて相談した挙句
   どうなったかわからずにいたが、長女(姉)がやり取りした際購入済と判明

LINEの手続きのために、携帯電話の契約書類を確認したい
   →こういうときだけ、ズボラでない父(=契約者)にも連絡入る

Adobeのパスワード教えてほしい
  →1アカウント2ユーザーで共用しているため、姉に連絡アリ

「元気ー?」
「大学はじまったー?」
「ロックダウンなんだって?」

といったズボラ母からの問いは無視!!

先日ポストカードを送ったホストマザーからは
 元気にやってるよ~
 一緒に東京オリンピックの開会式見たよ~
 Diplomaの成績よかったね~

とメールをいただいたので、元気なのはわかっているので
ま、いっかー

旅立つ時に
「命とパスポートだけは大切に!」
と伝えているので、それさえ守ってくれたら後はヨシ。

College(語学コース+Diploma)は留学生向けの機関なので
留学生しかいませんが
Universityとなると、オーストラリア人の大学生とはじめて合流します。
英語力の面で、ついていけるのか!?とビビっていたところもあったので
おそらく忙しくしているのだとは思います。

姉(長女)とのやりとりで、
「これから授業だからまたあとでー」と言っていて
そんな端々から、
「あ、ちゃんと大学の授業受けているんだな~」
ちょっぴり安心したりするズボラ母なのでした

とはいえ久しぶりに対面で会ったり、しゃべったり
ショッピングしたり、ご飯食べにいったりしたいな~~

明けましておめでとうございます

長女はスウェーデン
次女はオーストラリア
ズボラ母とズボラでない父は日本で
無事に新年を迎えました。

お正月には、
帰省できなかったズボラ母の弟家族、
娘たちのおじいちゃん・おばあちゃんもつないで
オンライン帰省会をやりました

年が明けて数日後、
娘(次女)のホストマザーからのクリスマスカードが届きました。
かわいいカード!

モモイロインコ

このカードにいる鳥は
Galahといって、オーストラリアに生息する
「モモイロインコ」なのだそうです。

ググって写真を見てみると、
か、かわいい!

本当にピンクで
ヘアスタイルがリーゼントです(笑)

ホストマザーによると、
うちの娘も散歩中とかにその辺で出会っているとか。

ズボラ母は
カラスか鳩くらいしか会えませんが
こんな可愛い鳥に道すがら会ってるの?
と本人に聞いてみました。

「うん、いるよー」
と軽いお返事。

そういえばブリスベンにホームステイしたときも
家のそばを孔雀が歩いていたっけ。

 長女過去ブログ参照:スウェーデンの素敵な日常

「写真だと可愛いけど
 生で見るとデカくて苦手

とのこと。

鳩くらいのサイズで、
インコ的な可愛さは皆無。
優雅な雰囲気をまといながら
芝生で必死に、ミミズを食い漁っている現場を目撃
したそう(笑)

野生ですねーー

ホストマザーのお手紙を読むと
娘はホストファミリー宅で
よくお手伝いをし
よく勉強している
らしい

ほんとかな

お忙しい中、メルボルンの様子を知らせてくれて
感謝感激のズボラ母なのでした



夏のクリスマスを過ごした娘

メルボルン_クリスマス

以前は12月のクリスマス前に
大学寮へ引っ越すことも検討していた娘ですが
料理上手ホストマザーのクリスマスディナーは気になるところでした。

 過去ブログ:1週間のお休みに
 →結果、専攻変更の検討やコロナの状況もありそのままホームステイ継続。


12/24のクリスマスイブ
ディナーのメニューは聞かなきゃ!と思っていたズボラ母。

しかし
「普通の晩ごはんだったよー
と意外な答え。

前日が
もう一人のホームステイしているベトナム人留学生の誕生日だったこともあり
前夜にケーキとベトナム料理で祝ったりしたからかな?

その後聞くと
12/25のクリスマス当日に
ホストマザーの親族の集まる
クリスマスホームパーティに参加させてもらったそうです。

コロナ禍ですが
いまやロックダウンもはずれ落ち着いてるオーストラリア。
10数名集まり、結構大勢でのホームパーティを楽しんだ様子。

それでもシドニーにいる親族は今回はメルボルン移動を断念したので
いつもよりは少ないよーとのこと。

メニューは
 ターキー、ラム肉、ハムなどなど
 伝統菓子のパブローバ
も食べたそうです!
羨ましい!!

19歳の娘。
オーストラリアは18歳からお酒OKですが
「シャンパン飲んだら体が熱くなっちゃった
とな(笑)

ちゃっかり飲んでるーー

休暇に入り
シティのクリスマスの雰囲気も楽しめたようだし
(21時頃まで明るいので、ライトアップ見るのは遅くなるから諦めたそう)
こんなコロナ禍でも
クリスマスを楽しめてよかったな~
と思うズボラ母なのでした。

”それぞれのクリスマス” 【長女編】はコチラ↓
 【長女編】それぞれのクリスマス









ついに2020年の授業もすべて終わりました。

 高校を卒業し
 オーストラリアに渡り
 コロナに立ち向かい
 ほとんどオンライン授業となってしまった今年。


忘れられない1年になったと思います。
本当にお疲れ様!!

LINEビデオで話をしたときに
画面共有で、今年のテスト結果など見せてもらったのですが
ちょっと全体像はよくわかっていないズボラ母

でも100点満点中、
99%だったり、95%だったり?
結構イイ感じに見えました

先日までグループで取り組んだプレゼンも
98%をGETしており、
クラスで最高得点のグループだったそうです
優秀な東南アジアなどの他の留学生のおかげ~~
とはいっていましたが。

けれど1つ、結果が「60%」というテストが
このスコアでもパスはできるのですが
これはテストを受けた直後も話を聞いていて、
セクションA・Bと2つあったのに、
Bがあるのに気づかず
Aだけやりそこは満点!Bはゼロ(笑)

先生のコメントも
「Bを忘れてるよー

指示文はちゃんと読まなきゃダメですね(笑)

というわけでプレゼンやらテストやらはこなして
今年終了となりましたが
まーまー休暇中も宿題があるそうで、お忙しそう。

すでに3分の1くらいは宿題を終えたといっていましたが、
 例のプログラム言語のC++や
 数学、
 レポートも2種あり

1つは書き終わったけど、もう1つは手つかずと話していました。

年末年始も帰省することもできませんが
暇でも無さそうです。

先日書いたとおりオーストラリアのコロナ状況は落ち着いています。
 前回ブログ:オーストラリアのコロナの状況

宿題はあるものの
電話をした日も
近くのモールにいってカフェにも寄ったみたいですし
休暇の最初の1週間はいろいろと予定を入れて
シティに行ったりもするようです。

前回中国へ帰国してしまう・・と書いていた留学生友達は
結局直前で帰国をとりやめたらしく
一緒に遊ぶことができるそうですよ~♪
オーストラリア現地にいる数少ない友達は本当に貴重!!

そしてクリスマスはお料理上手なホストマザーの食事も楽しみ

コロナ禍ながら
リラックスした年末年始を過ごしてほしいな~
と願うズボラ母なのでした。


このページのトップヘ