海外進学を応援するズボラ母の備忘録 次女編

地方の公立小・中・高校を経て、オーストラリア・メルボルンのMonash Collegeへ進学した娘(次女)を応援するズボラ母の備忘録。Bridgingコースを無事修了し、Diplomaコース(IT)で勉強中。

タグ:ホストマザー

明けましておめでとうございます

長女はスウェーデン
次女はオーストラリア
ズボラ母とズボラでない父は日本で
無事に新年を迎えました。

お正月には、
帰省できなかったズボラ母の弟家族、
娘たちのおじいちゃん・おばあちゃんもつないで
オンライン帰省会をやりました

年が明けて数日後、
娘(次女)のホストマザーからのクリスマスカードが届きました。
かわいいカード!

モモイロインコ

このカードにいる鳥は
Galahといって、オーストラリアに生息する
「モモイロインコ」なのだそうです。

ググって写真を見てみると、
か、かわいい!

本当にピンクで
ヘアスタイルがリーゼントです(笑)

ホストマザーによると、
うちの娘も散歩中とかにその辺で出会っているとか。

ズボラ母は
カラスか鳩くらいしか会えませんが
こんな可愛い鳥に道すがら会ってるの?
と本人に聞いてみました。

「うん、いるよー」
と軽いお返事。

そういえばブリスベンにホームステイしたときも
家のそばを孔雀が歩いていたっけ。

 長女過去ブログ参照:スウェーデンの素敵な日常

「写真だと可愛いけど
 生で見るとデカくて苦手

とのこと。

鳩くらいのサイズで、
インコ的な可愛さは皆無。
優雅な雰囲気をまといながら
芝生で必死に、ミミズを食い漁っている現場を目撃
したそう(笑)

野生ですねーー

ホストマザーのお手紙を読むと
娘はホストファミリー宅で
よくお手伝いをし
よく勉強している
らしい

ほんとかな

お忙しい中、メルボルンの様子を知らせてくれて
感謝感激のズボラ母なのでした



夏のクリスマスを過ごした娘

メルボルン_クリスマス

以前は12月のクリスマス前に
大学寮へ引っ越すことも検討していた娘ですが
料理上手ホストマザーのクリスマスディナーは気になるところでした。

 過去ブログ:1週間のお休みに
 →結果、専攻変更の検討やコロナの状況もありそのままホームステイ継続。


12/24のクリスマスイブ
ディナーのメニューは聞かなきゃ!と思っていたズボラ母。

しかし
「普通の晩ごはんだったよー
と意外な答え。

前日が
もう一人のホームステイしているベトナム人留学生の誕生日だったこともあり
前夜にケーキとベトナム料理で祝ったりしたからかな?

その後聞くと
12/25のクリスマス当日に
ホストマザーの親族の集まる
クリスマスホームパーティに参加させてもらったそうです。

コロナ禍ですが
いまやロックダウンもはずれ落ち着いてるオーストラリア。
10数名集まり、結構大勢でのホームパーティを楽しんだ様子。

それでもシドニーにいる親族は今回はメルボルン移動を断念したので
いつもよりは少ないよーとのこと。

メニューは
 ターキー、ラム肉、ハムなどなど
 伝統菓子のパブローバ
も食べたそうです!
羨ましい!!

19歳の娘。
オーストラリアは18歳からお酒OKですが
「シャンパン飲んだら体が熱くなっちゃった
とな(笑)

ちゃっかり飲んでるーー

休暇に入り
シティのクリスマスの雰囲気も楽しめたようだし
(21時頃まで明るいので、ライトアップ見るのは遅くなるから諦めたそう)
こんなコロナ禍でも
クリスマスを楽しめてよかったな~
と思うズボラ母なのでした。

”それぞれのクリスマス” 【長女編】はコチラ↓
 【長女編】それぞれのクリスマス









ついに2020年の授業もすべて終わりました。

 高校を卒業し
 オーストラリアに渡り
 コロナに立ち向かい
 ほとんどオンライン授業となってしまった今年。


忘れられない1年になったと思います。
本当にお疲れ様!!

LINEビデオで話をしたときに
画面共有で、今年のテスト結果など見せてもらったのですが
ちょっと全体像はよくわかっていないズボラ母

でも100点満点中、
99%だったり、95%だったり?
結構イイ感じに見えました

先日までグループで取り組んだプレゼンも
98%をGETしており、
クラスで最高得点のグループだったそうです
優秀な東南アジアなどの他の留学生のおかげ~~
とはいっていましたが。

けれど1つ、結果が「60%」というテストが
このスコアでもパスはできるのですが
これはテストを受けた直後も話を聞いていて、
セクションA・Bと2つあったのに、
Bがあるのに気づかず
Aだけやりそこは満点!Bはゼロ(笑)

先生のコメントも
「Bを忘れてるよー

指示文はちゃんと読まなきゃダメですね(笑)

というわけでプレゼンやらテストやらはこなして
今年終了となりましたが
まーまー休暇中も宿題があるそうで、お忙しそう。

すでに3分の1くらいは宿題を終えたといっていましたが、
 例のプログラム言語のC++や
 数学、
 レポートも2種あり

1つは書き終わったけど、もう1つは手つかずと話していました。

年末年始も帰省することもできませんが
暇でも無さそうです。

先日書いたとおりオーストラリアのコロナ状況は落ち着いています。
 前回ブログ:オーストラリアのコロナの状況

宿題はあるものの
電話をした日も
近くのモールにいってカフェにも寄ったみたいですし
休暇の最初の1週間はいろいろと予定を入れて
シティに行ったりもするようです。

前回中国へ帰国してしまう・・と書いていた留学生友達は
結局直前で帰国をとりやめたらしく
一緒に遊ぶことができるそうですよ~♪
オーストラリア現地にいる数少ない友達は本当に貴重!!

そしてクリスマスはお料理上手なホストマザーの食事も楽しみ

コロナ禍ながら
リラックスした年末年始を過ごしてほしいな~
と願うズボラ母なのでした。


ホームステイのことはいろいろと書いてきました。 
 過去ブログ カテゴリ:ホームステイ

オーストラリアにきて早4か月強。
現在2件目のホストファミリーで、このお宅に来てからも2か月になります。

ホストマザーは60代後半。
教育関係のお仕事をしていて、
彼女もまたCOVID-19の影響を受けて、
自宅からオンライン授業を提供しているそうです。

お料理が上手なのはこれまでも何度も書いてきましたが
娘は完全に胃袋をつかまれています(笑)

いつかはホームステイではなく
1人暮らしや寮生活もしてみたい・・・
と少しリサーチを始めていたのですが
費用的にも、実は光熱費や食費込みであることを考えると
ホームステイのほうがお得

大学内の寮だと
交通費や通学時間が不要だったり
友達が増えたり

するメリットはもちろんあり、
将来的にはそのような生活もしたいものの
コロナ第二波?といわれる昨今では二の足を踏む選択ではあります。

「しばらくはホームステイかな~?」
と、今にも大学窓口に寮情報を問い合わせそうな勢いだった娘も
すっかりトーンダウンしてました

・・・というのも、ホームステイをしているのに
一緒に暮らしていて全くストレスがないのだそうです。

留学生では
数か月でホームステイを卒業する人が多いのも(早い人なら1か月程度)
他人と暮らすストレスというのは、相手がどんないいひとであっても
つきまとうものです。

コロナ禍で、家にいる時間が長いため(つまり大学にも行かないため)
コロナが無かったらどうなのか?は、今となっては比較はできませんが、
娘がストレスがないのは、
 ホストマザーが適度な距離を保ちつつも
 時には質問に答えてくれ
 時には英語を話す(勉強する)相手にもなってくれ

支えてくださっているからにほかなりません。

ホストマザーが実は超ストレスフルだったらどうしようー

とはいえ、言いたいことはちゃんと伝える努力をしている娘もまた
積極的にこの生活に適応してきたのでしょう。

最近のメルボルンの再ロックダウンでは
どのエリアがホットスポットなのか
どういう背景で感染が広まっているのか
などニュースをかみくだいて説明もしてくれたようです。

日本領事館からのメールもあるとはいえ
現地のネイティブの人から話を聞けるのは、また安心感が違いますよね。

先日はホストマザーが友達とお茶会をリビングでしていて
その友達が超日本好きで、娘は質問攻撃を受けたらしい(笑)

ホストファミリーとなり
多様性を受け入れるホストマザーだからこそ
そんな友達も引き寄せるのでしょうね。

魅力的なホストマザーにいつか会ってみたいな~
と思うズボラ母なのでした。

いつもありがとうございます!!


前回「ホームステイ先変更」について書きました。

コロナ禍において、新ホストファミリーが決まって一安心

娘に聞いたら
「それで進めて~」
「猫もいるし楽しみ

とのことで、留学エージェントにもOK!で返事をしたのですが・・・

しばらくすると
だんだん不安になってきたのか
このコロナ期のストレスなのか
新ホストにためらいがちな娘


今のホストファミリー(変更前)もいい方なんだけれど
50代後半のホストマザーの一人暮らし
ずーーーっと家にいないといけないのはお互いに想定外
ホームステイがなくてもコロナで外出規制もありお互いにストレスの多い生活
年齢差もあるし、学校生活も送れていないから、話題にとぼしい
  最近は夜の時間も二人でいても会話もあまりない・・

次のホストファミリーもなんとなく似ていて
60代後半の女性がホストマザー、
教育関係のお仕事。

まだいつまで在宅オンライン授業が続くかわからないし
今と同じ生活にまたなってしまうのでは!?
と心配になってしまったようです。

娘も
新ホストがどんな方かわからないのに、そんな風に考えてしまうことや
コロナで大変な時期に他を探してというのは
申し訳ないな・・
とは思ったようなのですが
モヤモヤしたまま引っ越すよりはいいだろう!
ホームステイあっせん会社に、今の気持ちとともに相談をしてみました。

やはり
このコロナ期に、探したからといって条件にあうホストが見つかる保証はない
さらに探すならプレイスメント費用が別途かかる(290ドル)

とのお返事。

また、もしかして一人暮らし?と思ったホストファミリー宅には
30代の娘さんがいらっしゃるのと
同じMonash大学に通う、同い年のベトナム人留学生(女子)もホームステイ中

とのこと。

いろいろ気持ちを伝えられたのもスッキリして
このホストファミリーにお世話になることを決めました。

引っ越し当日は元のホストマザーにお別れを告げ
新ホストマザーが車で迎えにきてくださいました。

オーストラリアに着いたときよりは
タオルや洋服などが少し増えて、
スーツケースのほか2つのリュックがパンパンになった模様。

 新ホストマザーもよい方らしく
 ベトナム人留学生とも話ができて、英語の勉強には前よりいいかも!
 猫には「ドア開けて」「餌くれー」「なでてくれ」と
   こき使われているようですが(笑)


前向きな話を聞けて、ほっと胸をなでおろすズボラ母なのでした




このページのトップヘ