海外進学を応援するズボラ母の備忘録 次女編

地方の公立小・中・高校を経て、オーストラリア・メルボルンのMonash大学に留学した娘(次女)を応援するズボラ母の備忘録。 Monash College Bridgingコース、Diplomaコース(IT)を無事修了。 Monash University 2年生に編入(IT)して勉強中。

タグ:モナシュ大学

Monash大学附属の英語コース(Monash English Bridging)の
テストを終えた娘。

ついに翌週結果が出ました!

一発合格!
でした~

まだ日本にいたときから
試験についてビビっていた娘(笑)

追試が受けられる期間がスケジュール上確保されており
合格するまで何度も受けられる・・・(期限はアリ)
とは聞いていたものの
「何回目で受かるだろう・・・
と自信なさげでした。

それが一発でパスするとは
本当にがんばりました!

やはり同級生のなかには、追試になった生徒が何人かいるようです。


結果は総合的にパスしたことしかまだわからないのと
コロナの関係で、対面で結果(Certificate)を受け取れないので
細かい各分野のスコアはおそらく受け取れるのですが
後日メールで・・となりそうです。

本当ならばこれで
手放しで10月下旬のDiploma開始まで授業はないので、
夏休み(向こうは冬?もうすぐ春?って感じですが)と
あいなるはずでした。

少し前までは、9月には
「日本に帰りたい・・・いや、絶対帰る!」
といっていた娘です。
 過去ブログ 日本に帰りたい・・・

厳しいロックダウンは9/13(日)まで続き(@メルボルン)
ビクトリア州のメルボルン都市圏「以外」は9/16(水)からステージ3となりましたが
メルボルン都市圏にいる娘のところは
まだステージ4のまま、ほーーーんの少し外出規制などが緩和されたのみです。
買い物もまだ1家族1人だけしか許されないため、
ホストマザーと一緒の買い物もNG.
オーストラリア、厳しーーッ!!

空港のあるシドニーへ行くにも、
州境を超えるための許可証が必要だったり、
結局この時期になってもまだ日本に戻れば隔離が必要だったり、
タイミングよくオーストラリアに戻れるか不明だったりで

あまりにハードルが高く、多くてあきらめたようです。

とっても暇なので、この間に
大学寮の申請手続きは進めました。
次のステップ待ち。

そして考えるのは将来のこと。
 院に進む?(いや、それは今はない)
 ダブルデグリー?(2つの専攻がとれるコースもあります)
 就職はどんなところに?
などなど、

考えたり
調べたり
調べてはLINEでズボラ母と話したり


コロナは厄介ですが
いろんなことを考えられる時間がもてるってことも
いいことなんじゃないかな?

と前向きに考えたい
最近後ろ向きなズボラ母なのでした。

娘二人はズボラ母の「前向き」の原動力です。

いよいよ
次女のオーストラリアでの留学生活スタート
です!!

姉である長女は現在イギリスの大学へ留学しています。
長女のブログはココ↓
海外進学を応援するズボラ母の備忘録 長女編

長女とはまったく見かけも性格も違う次女。

まさか次女まで留学!?と思いましたが
長女が留学していることで、
自然と進路の選択肢の1つとして、「留学」が入っているのですよね

留学を決めていく経緯は追々書くとして、
大変な時期に日本を旅立つこととなってしまいました

数か月前まではオーストラリアの心配事といえば
森林火災

オーストラリアはもともと森林火災が多いですが
これまでにない火災が続き
世界的なニュースとなりました。

娘が行くモナシュ大学は、メルボルンにあります。
メルボルンのあるビクトリア州でも森林火災が深刻化。
旅立つ3月にはどんな状況になっているのかとニュースを追っていました。

雨が多くふって、いったん落ち着きつつあると思っていたら
今度は新型肺炎、COVID-19の感染拡大
出発の日まで、
次々とオーストラリアが、
中国、イラン、韓国と入国制限を発信し
いつ日本も対象になるのか!?と心配していました。

が、
なんとか娘は無事
メルボルンのホストファミリー宅に着きました

留学には予期せぬことはつきもの。

森林火災、COVID-19のことがなくても、
次々と問題を乗り越えていかないといけないのでしょう。

新しい課題を前に不安になることもあるかもしれないけれど
果敢に立ち向かってほしいな~
日本から応援するズボラ母なのでした






このページのトップヘ