海外進学を応援するズボラ母の備忘録 次女編

地方の公立小・中・高校を経て、オーストラリア Monash大学へ進学する娘(次女)を応援するズボラ母の備忘録。Monash CollegeのBridgingコースからのスタートです!

タグ:中国人留学生

早く対面授業が再開しないかなーと思っているズボラ母です。

一方で、
ゆっくり寝れるし(通学不要)
授業の進行もゆるやかだし(まだついていける)
友達もできるし

オンラインで全然かまわないよー
という娘。

いやいや、最初の2点はなんとなくわかるが
「友達もできるしってどういうこと?

日本の大学だって、新1年生は
ずっとオンライン授業で
大学のキャンパスにいけず
新歓コンパもなくて
友達ができない 
って聞くよ~。

娘によると
娘のクラスは大多数が中国人。
というより、ベトナム人1人、日本人の娘1人、以外はみーんな中国人。
 クラス編成はココでも書きました。 過去ブログ クラスメイトが4人→25人に!?

普通にキャンパスに通っていたら
授業のときは英語で話していても
これじゃ中国語で話す人が多くなるに違いない

日本人1人じゃかなりアウェー。

ところが!
オンライン授業ならば
zoomのブレイクアウトルームを使った少人数グループでのワークが多い。
(2人組とか、3人組)

与えられた課題をこなした後も
オンライン上で二人きりや三人きりになるので
残りの時間も、そのメンバーで過ごすことになるため
自然と雑談したり、
お互いの話をしたり、
WeChatの交換したりして
仲良くなっていくのだそう。


なんて今どきの友達の作り方なんだ!!

もしもキャンパスに通学していたら
1人しかいない日本人、ってことで
それはそれでたくさん声かけられそうだけどね(笑)

困難そうな環境も
プラスに感じて過ごせるのっていいな、と感心するズボラ母なのでした。 

海外も日本も、
COVID-19の影響で大学のオンライン授業が続いていますね。

オーストラリア
国内の新規感染者数が1日 10名前後に落ち着いてきて
回復者数が多くなっていることもあり
登校再開の動きがでてきています。

娘が通うMonash大
特に大学にいかないと研究が進まない最終学年の学生や
新入生など

優先度が高いグループから
少しずつface-to-faceの授業がはじまってきているようです。

娘のところはまだながら、
これは嬉しいニュース!

先日書いたように
 過去ブログ 「クラスメイトが4人→25人に!?」
娘のクラスは
中国現地からオンライン授業に参加している生徒も多いので
しばらくはオンライン授業が続くのでは?とのこと。

同じホームステイ先にいるベトナム人のMonash大生
専攻が看護ということで
彼女も通学が一部再開したようです。
確かに医学や看護って実習や、現場で見ないとわからないものも多そう。

娘も早く対面授業をしたいのかと思いきや
のんびり在宅でオンライン授業~~
のリズムに慣れ過ぎていて、
もうしばらくオンラインでいいかなー
だって(笑)

どこまでいっても適応力がすごいなーと思うズボラ母なのでした



このページのトップヘ