海外進学を応援するズボラ母の備忘録 次女編

地方の公立小・中・高校を経て、オーストラリア・メルボルンのMonash Collegeへ進学した娘(次女)を応援するズボラ母の備忘録。Bridgingコースを無事修了し、Diplomaコース(IT)で勉強中。

タグ:対面授業

昨年3月にオーストラリアに渡り、
オリエンテーションなど数日通ったものの
その後すぐにCOVID-19でロックダウンとなってしまい
ずっとオンライン授業でした。


しかし!
オーストラリアはほぼ現地での新規感染はゼロとなり
(海外からの帰国者などの感染も、国全体で1日あたり10名未満)
昨年12月末ごろから希望があれば
Monash Collegeへの通学が可能となりました

今のところ2科目だけ
通学でもオンラインでもOKとなっています。

同じくオーストラリアにいる
貴重な同じDiploma(IT)の中国人留学生と
年明けに授業を受けに娘も行ってきました。

実はその同級生とも、対面で会うのは初めてです

他の留学生はほぼ現地入りできていないため、
対面授業にきたのはその2名の生徒だけ。
先生はオンライン授業とのハイブリッドです。

その日は友達と、
Monsh Universityのショップも行ってみたそうですが
(大学のロゴ入りスウェットとかを見たかったらしい)
まだお休みでした。残念

その翌週からは、貴重な中国人友も帰国してしまい
「ほかにもいるかな~?」
ちょっぴり期待して行ったものの
娘一人だけ(笑)

先生との1on1です。
ゼイタクーー!

とはいえ、ちょっとさみしいですね

先生独り占めなので
先生によく覚えてもらえるし
質問はしやすい

ということでした。

Monash Collegeの建物は2つあって
今まで古い方のビルしか行ってなかったらしいのですが
はじめて1つの授業はこちらであるということで
黄色いオシャレなビルのほうへ行ったそうです。

↓↓↓
Monash College Learning Village Victoria (MODSCAPE)
※大学のサイトでなく、この建物を紹介したウェブサイトです。

1階がイギリスと同じくグラウンドフロアだったりするので
(つまり日本で言う2階が、オーストラリアでの1階)
若干方向音痴な娘は迷いつつ
教室にたどりつけたそうです。

このサイトでみると、
ほんと綺麗ーー!
オシャレー!

オシャレな建物大好きな娘は
試験前はここに住みたいと申しておりました(笑)

自習室もあるようで、
あまり通っているひともいないし
空いていれば自由に使っていいのだそうです。

それにしても、こういった施設を使えるのが本来の大学生活だったのに
コロナのせいでずっと使えなかったなんて
なんだか残念

とはいえ、日本では緊急事態宣言がでるような事態の今、
こうして通学ができるようになったのは喜ばしいことだな~
と思うズボラ母なのでした。







早く対面授業が再開しないかなーと思っているズボラ母です。

一方で、
ゆっくり寝れるし(通学不要)
授業の進行もゆるやかだし(まだついていける)
友達もできるし

オンラインで全然かまわないよー
という娘。

いやいや、最初の2点はなんとなくわかるが
「友達もできるしってどういうこと?

日本の大学だって、新1年生は
ずっとオンライン授業で
大学のキャンパスにいけず
新歓コンパもなくて
友達ができない 
って聞くよ~。

娘によると
娘のクラスは大多数が中国人。
というより、ベトナム人1人、日本人の娘1人、以外はみーんな中国人。
 クラス編成はココでも書きました。 過去ブログ クラスメイトが4人→25人に!?

普通にキャンパスに通っていたら
授業のときは英語で話していても
これじゃ中国語で話す人が多くなるに違いない

日本人1人じゃかなりアウェー。

ところが!
オンライン授業ならば
zoomのブレイクアウトルームを使った少人数グループでのワークが多い。
(2人組とか、3人組)

与えられた課題をこなした後も
オンライン上で二人きりや三人きりになるので
残りの時間も、そのメンバーで過ごすことになるため
自然と雑談したり、
お互いの話をしたり、
WeChatの交換したりして
仲良くなっていくのだそう。


なんて今どきの友達の作り方なんだ!!

もしもキャンパスに通学していたら
1人しかいない日本人、ってことで
それはそれでたくさん声かけられそうだけどね(笑)

困難そうな環境も
プラスに感じて過ごせるのっていいな、と感心するズボラ母なのでした。 

このページのトップヘ