海外進学を応援するズボラ母の備忘録 次女編

地方の公立小・中・高校を経て、オーストラリア・メルボルンのMonash大学に留学した娘(次女)を応援するズボラ母の備忘録。 Monash College Bridgingコース、Diplomaコース(IT)を無事修了。 Monash University 2年生に編入(IT)して勉強中。

タグ:語学コース

オーストラリアの留学は
語学コース(College)*約半年
 ↓
Diplomaコース(College)*約1年
 ↓
University *約2年
という流れになっています。

留学エージェントがすすめてくださったDiplomaコース
高校の時に成績を提出したら、
Monash大学側からもこちらのコースを提案してくれたようです。

オーストラリアの大学へ進学する留学生は
必ずファウンデーションコースを受ける必要がありますが
Diploma
ファウンデーションと
大学(University)の1年生で勉強することとを
兼ねたようなコースで、
無事に修了したら大学の2年生に編入できます。

IELTSのこのタイミングでの受検も免除されます。

留学エージェントからも
通学年数も凝縮することができ、
費用的にもセーブできますよ!とご案内いただきました。

そして、先日書いたように
無事にDiplomaを好成績で修了することができたので
 過去ブログ:オールHD,そしてStudy Grant Offer!?
ついに7月最終週より、大学生活がはじまっている、、、
ハズ!
です(笑)

というのが、例の音信不通に時々なる娘。
 過去ブログ:音信不通ですが・・・
またしばらくの間応答がありません。。。

自分が必要なときは
何もなかったようにガンガン連絡してくるのですが
こちらからの連絡には既読&未読スルー。

ズボラ母の育て方のせいでしょうか・・

自分が必要なとき↓
3Dとかプログラミング的な勉強の時に目が疲れるからディスプレイを買ってもいいか?
   →いろいろ値段や写真を送ってきて相談した挙句
   どうなったかわからずにいたが、長女(姉)がやり取りした際購入済と判明

LINEの手続きのために、携帯電話の契約書類を確認したい
   →こういうときだけ、ズボラでない父(=契約者)にも連絡入る

Adobeのパスワード教えてほしい
  →1アカウント2ユーザーで共用しているため、姉に連絡アリ

「元気ー?」
「大学はじまったー?」
「ロックダウンなんだって?」

といったズボラ母からの問いは無視!!

先日ポストカードを送ったホストマザーからは
 元気にやってるよ~
 一緒に東京オリンピックの開会式見たよ~
 Diplomaの成績よかったね~

とメールをいただいたので、元気なのはわかっているので
ま、いっかー

旅立つ時に
「命とパスポートだけは大切に!」
と伝えているので、それさえ守ってくれたら後はヨシ。

College(語学コース+Diploma)は留学生向けの機関なので
留学生しかいませんが
Universityとなると、オーストラリア人の大学生とはじめて合流します。
英語力の面で、ついていけるのか!?とビビっていたところもあったので
おそらく忙しくしているのだとは思います。

姉(長女)とのやりとりで、
「これから授業だからまたあとでー」と言っていて
そんな端々から、
「あ、ちゃんと大学の授業受けているんだな~」
ちょっぴり安心したりするズボラ母なのでした

とはいえ久しぶりに対面で会ったり、しゃべったり
ショッピングしたり、ご飯食べにいったりしたいな~~

先日20週間の語学コースを終えた娘。

とはいえ、授業を終えただけで
テストは終えていないので
まだパスした!という状態ではありません。

ここのところテストのことを書いていました。 
 過去ブログ テスト期間スタート 
 過去ブログ Speakingテストその2


Speakingテストだけ、語学コースの20週目に実施されました。

遠隔授業が続いたため、今回はListeningはテストは無し。
あとはWritingとReadingのテストがあります。

しかし20週を終えて
1週間のお休みがありました。

まだまだメルボルンはロックダウン中(レベル4)ですから
遊べるお休みではないので
授業がなく逆に暇ーーーな感じ。

「ま、勉強すればいいんだけどね(でもね・・)」

と娘は申しておりました。

わかるよー
時間があるからって勉強ができるわけじゃないんだよね。

飴と鞭じゃないけど、メリハリが大事。
これをロックダウンのもとコントロールしていくのは
なかなか大人でも大変です。

この1週間の間には
ワークショップ(勉強に関するもの)や
次に進むDiplomaコースの説明

なども時間を決めてオンラインで実施されたそうです。

休み期間と思っていたのに
「チャートやクリア送ってほしいけど、まだ郵送できないよね・・」
と娘から連絡。

チャート、クリアは高校時代に使っていた数学の参考書。
え?どしたん?どしたん?

そうなんです、オーストラリアはとても厳しくて
まだDHLやら使わないと普通郵便では国際郵便を届けることはできません。

どうやらDiplomaコースの説明を受けて
自分には選択授業でチョイスすべきは数学と考えた模様。
しかし自分は高校の選択の関係上、数Ⅲの一部をやっていない。
ちょっと予習しておいたほうがいいんじゃないか?
みたいな気持ちになったそうなのです。

しかし、
その選択授業が発生するのは
Diploma(全体で8か月)のうち、後半の4か月。
つまり、早くても2021年明けてからになりそうです。

そのほか気持ちがDiplomaまで行ってしまったせいか
大学寮の検討も再燃。

暇なうちに調べていると、
コロナのせいか2020年(現在)も申請できる寮があり、
2021年の寮の申込いたっては9/1から申請可能。


寮の話はまた書きたいと思いますが、
ここのところコロナのせいもあり
「去年の夏はこんなことできたよな~」と過去を振り返りがちだったズボラ母

スウェーデンで大学院生活をスタートした長女といい
語学コースを終えてDiplomaへ進級しようとしているこの次女といい
未来に向かって気持ちが開いているのに
すごく刺激を受けました。


今日から9月。
娘たちに刺激をもらいながら、
また未来に向かってがんばるぞーー!
とこぶしをあげるズボラ母なのでした。

前回Bridgingコースのテストがついに始まったことを書きました。 
 前回ブログ テスト期間スタート

20週目には
授業もあるし
Speakingテスト2種、別々の日にありました。

1種類目のSpeakingテストについて前回書いたのですが
これは2人一緒に受検する
ロールプレイング型の試験。

「先生」役と「生徒」役のように
役割設定をされて、その条件にもとづき
会話を行うそうです。

この1種目は相手が英語が上手な同級生なこともあり、
スムーズに進んだそうです。
(娘の評価がどうかはまた別問題(笑)

2種類目は4人で受検をします。
これは1つのトピックに対し
 問題について話し、
 さらにその原因を指摘、
 その後に解決策を提示する・・

という構成で進めるそうです。

英語以外にも学ぶことが多そうですね!

授業中でも
このグループディスカッションとなると
よくしゃべる人
しゃべりすぎる人
リーダーシップをとる人
ほとんどしゃべらない人
など性格や英語力によってばらつきがでるそうなのですが
メンバーがバランスよくしゃべることも大事な要素。

はたして娘のグループはどうだったのでしょうか・・?

Speakingのテストが2種とも終わり
なんだかうまくいったのか、すがすがしそうな感じ

テストを終え、残すは1日のみ。
この日はオーストラリア到着後、
Monash Collegeの初日からお世話になっていた
トニー先生の授業。

「これでもう最後だよ~~

とちょっとさみしそう

結局会ったのは数日で後はすべて遠隔授業となってしまいました。
まだBridgingをパスするまではお世話になります!

とにかくSpeakingテストおつかれさま~!

Reading、Writingもがんばってほしいなーと願うズボラ母なのでした。
※Listeningは遠隔テストとなったため、今回は無しだそうです・・

このページのトップヘ