海外進学を応援するズボラ母の備忘録 次女編

地方の公立小・中・高校を経て、オーストラリア Monash大学へ進学する娘(次女)を応援するズボラ母の備忘録。Monash CollegeのBridgingコースからのスタートです!

タグ:語学学校

娘は大学入学前の
Monash大学附属の語学コース(Bridgingコース)に通っています。

20週のコースで、
途中からオンライン授業に切り替わったまま、
はや折り返し地点を過ぎました。

留学エージェントの話では
Bridgingコースは、
大学での学習に必要な英語力をつけるだけでなく
その後の大学での専門課程で使う用語などを学べる

コースと聞いていました。

Monash大Bridgingコースの詳細はココ:Monash English Bridging

当初は、留学生が進む一般的な語学コースを考えていましたが
IELTSのスコアを提示したところ
Monash大学側が「このスコアがあればBridgingコースを」
と薦めてくださいました。

一般的な語学コースに入れるのはIELTS3.5くらいですが、
その当時、娘は5.0がとれていたと思います。

先に20週のコースと書きましたが、
英語力により10週や15週のコースもあります。

語学コースの前半は、聞く限りは
それほどIT学部寄りな内容とは感じていなかったのですが
最近はグループワークの時には
「文系」「理系」のグループに分かれて取り組んでいるそうです。

同じ学部に進む学生は、その中でもなるべくまとめられます。

娘はIT学部に進むのですが
同じIT学部の学生のほか、エンジニアリングに進む予定の学生も一緒だとか。

「文系」グループは、娘と同じクラスでは、多くがビジネスの学部です。

「理系」テーマはITだけではなく
先日は化学だったそうで
キーワードはわかるものの、高校卒業してから遠ざかっていて忘れていることも多く
久しぶりに高校化学の動画をチェックしたとか

それを英語に置き換えて考えるのも大変ですね

今や、英単語はわかるけれど、
日本語では何だっけ?という言葉もあるそうです。
確かに姉(長女)は海外の大学でしか建築を学んでいないので
日本語で何というのかわからない単語多々と言っていました。

プレゼンは「文系」「理系」一緒に行うので
ビジネスのプレゼン(マーケティングの話とか?)も聞いて
質問とか意見しなければならないのだとか。

何事も勉強!

何より、今から
同じ学部に進むであろう友達ができること
がうれしいようです。

まだ中国にいて、オーストラリア入りできていない友達ばかりですが(笑)

長女のときにも思いましたが、
次女も
英語で、かつ理系のことを勉強するなんて想像を絶する~~ 
と思うズボラ母なのでした。





オンライン授業がはじまってはや2週間以上。

娘はzoomで毎日授業をやっています。
関連記事:オンライン授業はzoomで

1週目は慣らしで1日2時間。
翌週からは1日4時間。


ずーっとオンラインも先生も大変なので

12:30-14:30 授業
14:30-15:30 休憩
15:30-17:30 授業


時間は違うかも?ですが
午後から2時間授業+1時間休憩+2時間授業のサイクルです。

基本的に現在は大学附属の語学学校に通っているので
学ぶことといえば
英語

娘が通っているBridgingコース
IT学部寄りの内容や
より大学で使うためのアカデミックな内容

学ぶコースにはなっているものの、まだコースもはじまったばかり
基本的に学ぶことは「英語」です。

先生も大変だろうな~~と思うのですが
 生徒同士でペアを組んで会話の練習をしたり
 聞き取った英語の要約をしたり
 Readingの授業もやったり

しているそうです。

ズボラ母の仕事関係でも
COVID-19感染拡大にともない、在宅勤務が増え
zoomのことをよく聞くようになりました。

ズボラ母も使ってみたいゾ

ということで
今日ズボラ母も
zoomデビューしました!

zoomとは
WEB会議をするためのクラウドサービスで
1:1だけでなく複数名の会議や授業を可能にする
ビデオ・WEB会議アプリケーション
です。

パソコンにも、スマホにもアプリをインストールしました。

「今日はzoomでつなぎたいんだけど、どうしたらいい~?」
と娘に聞いて、LINEでミーティングIDとパスワードを送ったら
すぐに接続できました!

無料サービスでは複数名の会議は40分まで。
1:1ならば無制限なので今日も問題なく1時間以上話ができました。

娘たちの新しい経験にも刺激されて
自分も新しいことに触れられて
ありがたいな~~と思うズボラ母なのでした。




留学生活をはじめたばかりの娘は
ホームステイをしており、
ホストファミリー宅から大学へ通う予定でした。

そう・・・
COVID-19の感染拡大にともない
語学学校開始数日で、オンライン授業に切り替わったため
現在はほとんどの時間をホストファミリー宅で過ごしています。

娘のホストファミリーはホストマザーの一人暮らし。
オーストラリア到着後数日は、
他の日本人留学生もステイしていましたが、すでに帰国済。
娘とホストマザーの二人暮らしとなっています。

ホストマザーは、娘とは別の大学の先生で
彼女もまたCOVID-19感染拡大の影響を受けて
在宅勤務となっています。
外出も必要不可欠なものに限られ、かなりの自由を奪われています。

だれにとってもストレスフルなこの状況のなか
娘のことを心配し、声をかけてくださるそうです。

オーストラリアも
海外からの帰国者の感染者数が急増しており
ホストマザーからは「手書きのルール」をもらっていました。

そこには
シーツの交換頻度
デスクなど定期的に拭くこと
キッチンを使ったら都度掃除すること
しばらくの間友達とは会わないこと
・・・

などなど書かれており、最後には
「こんなお願いをしてごめんね
というようなメッセージもあったそうです。

もちろん文面だけでなくホストマザーと話をしたようす。

オンライン授業中のなか、
大学の友達から、外では食事ができないので
ホームパーティ的な食事会に誘われたそうです。

ずっと閉じ込められているため、とっても行きたかったそうですが
ちゃんとホストマザーに相談をしたそうです。
やはり、「No」と言われたそうですが
本人もやっぱりこの時期に出ることは不安があり
相談してスッキリしたようです。

本当の家族であっても、
ずっと同じ空間にいたら、普段はないようなストレスもきっとあることでしょう。

必要なコミュニケーションはとりながら
適度な距離をおいてくれる

ホストマザーに対し、娘も、ズボラ母もとても感謝しています。

とはいえ留学生活のなかで
大学の友達ともいつもパソコン画面越しなのはさみしい
早くいつもの生活が
 オーストラリアにも、日本にも、世界中に戻ってほしい

切に願うズボラ母なのでした。


先日長女@イギリス
COVID-19の影響による、オンライン授業の開始について書きました。
ついにオンライン授業の開始 ~COVID-19の影響~

女@オーストラリアのほうも
語学学校の授業がオンラインで行われることになりました。

オンライン授業開始の前日は登校があり
やりかたを聞いた様子。

初日はなんとホストファミリー宅に清掃業者が入ることになり
バルコニー(これが広くて優雅)でオンライン授業を受けることに

授業は、zoomという
遠隔での会議や授業ができるWEB会議システムを使ってやるそうです。
zoomは日本国内でも最近の在宅勤務の広がりにより
よく聞くようになりました。

とはいえバルコニー。
風も吹いてバタバタいうしで
こっちをミュートにしてみたり、
途中で部屋にちょっとだけ入ったりと

しばらく慣れるまでは時間がかかりそう。

クラスの生徒と二人組になって話してみる、
といった機能も使ったようです。

昔ならばこんな感染症で外出禁止になったら
即自習・・ですが
オンライン授業できるなんてありがたい

オーストラリアにいる意味ないじゃないか?とも思いますが
こういうときにホストファミリーがいるのは安心だし
英語でのコミュニケーションがあるのも留学生にとってはいいコト
です

ましてやIT学部に進む娘。

ズボラ母も就職して以来、いろんなテレビ会議システムを使って
会議を経験してきましたが、大学生のときなんかそんなこと知らなかった!

授業のしづらさも
オンライン会議システムの便利なところも

すべてこの経験は無駄にならないハズ。

COVID-19で大変な状況ながら
新しい経験を次々としている娘をうらやましくも思う
ズボラ母なのでした。

語学学校の授業がスタートしました。
先日書いたMonash English Bridgingの授業です。

オリエンテーション後に
生徒ごとのタイムテーブル
が伝えられ
娘は12:45から開始の4時間でした。
17時に終了します。

午前が空くわけですが、
「宿題は毎日夜のうちにすませて、
 午前は予習や自習を大学に行ってしようかな

とな!

先日も書きましたが、
高校時代は朝けっこう遅くまで寝てたりして
遅刻・欠席することも多々。。。

「12:45開始なら、朝のんびりできるーー
と喜んでいるのかと思いきや
ずいぶん別人のようになったものです(笑)

学校スタートする前に、
先生の顔写真も公開されており、見た感じだと
「なんだか怖そうーー
とちょっと怯えていたのですが
実際に会ってみるととてもやさしい先生だったようです。

クラスは娘(日本人)のほか中国2人、ベトナム人1人
4人の少人数クラス
これは英語力もメキメキあがる!?

・・・と思いきや数日通ったところで
オーストラリア政府からCOVID-19関連の新たな発信がでて
この語学学校の授業もオンラインになることに!?

行って早々大変だな~~と思うズボラ母なのでした。


このページのトップヘ