海外進学を応援するズボラ母の備忘録 次女編

地方の公立小・中・高校を経て、オーストラリア Monash大学へ進学する娘(次女)を応援するズボラ母の備忘録。Monash CollegeのBridgingコースからのスタートです!

タグ:Bridgingコース

ココで最近の授業の様子を書きました。 
 過去ブログ: Bridgingコース 文系・理系のグループワーク

Bridgingの20週間のコースを履修中の娘ですが
先日2週間の中休みがありました。

ちょうど厳しいロックダウン再開と重なってしまい
楽しい外出予定もNGとなりましたが
勉強するには最適の期間!?(笑)

ここのところ、電話で話すたびに
「勉強しなきゃ!」
というのが娘の口グセで
20週間とはいえもう終盤となり、
試験も現実味を帯びてきました。

この2週間のお休みでは
2週間チャレンジ
なるものにBridgingコースの生徒、みんな取り組んだそうです。

本当は30日チャレンジが一般的で
まずは30日続けてみたら、その後も習慣化できるものもある・・という
きっかけにもなるトライアルです。

その半分バージョンですが
娘たちのグループは、娘だけが日本人で他はみんな中国人。
この2週間で
 中国人の友達は日本語を
 娘は中国語を
勉強することにチャレンジ
しました。

やっぱりお休み期間なので、あんまりはかどらなかったみたいですが(笑)
オーストラリアに留学して
英語も中国語もできたらもうけものですね!

休みはだらけた・・とはいえ
普段はできない
 単語帳のまとめをしたり(これは英語!)
 長文を読んだり(これも英語!)

など取り組んだそうです。

授業中居眠りもしてないし、
サボリもしてないらしいし、
高校時代よりうーんと真面目にやってるじゃん!!

「勉強したいことだと眠くならないんだねー」
って名言ですね

試験を恐れる娘ですが
担任の先生に、ライティングとリーディングがよくできている
ほめられたそうで、ちょっぴりうれしそうでした

ほめる割には添削された課題は、直したくさんで真っ赤らしいですが・・

勉強が楽しいと思えること
思わせてもらえることが
一番だなー
となんだか羨ましく思うズボラ母なのでした。

試験がんばれよーー

娘は大学入学前の
Monash大学附属の語学コース(Bridgingコース)に通っています。

20週のコースで、
途中からオンライン授業に切り替わったまま、
はや折り返し地点を過ぎました。

留学エージェントの話では
Bridgingコースは、
大学での学習に必要な英語力をつけるだけでなく
その後の大学での専門課程で使う用語などを学べる

コースと聞いていました。

Monash大Bridgingコースの詳細はココ:Monash English Bridging

当初は、留学生が進む一般的な語学コースを考えていましたが
IELTSのスコアを提示したところ
Monash大学側が「このスコアがあればBridgingコースを」
と薦めてくださいました。

一般的な語学コースに入れるのはIELTS3.5くらいですが、
その当時、娘は5.0がとれていたと思います。

先に20週のコースと書きましたが、
英語力により10週や15週のコースもあります。

語学コースの前半は、聞く限りは
それほどIT学部寄りな内容とは感じていなかったのですが
最近はグループワークの時には
「文系」「理系」のグループに分かれて取り組んでいるそうです。

同じ学部に進む学生は、その中でもなるべくまとめられます。

娘はIT学部に進むのですが
同じIT学部の学生のほか、エンジニアリングに進む予定の学生も一緒だとか。

「文系」グループは、娘と同じクラスでは、多くがビジネスの学部です。

「理系」テーマはITだけではなく
先日は化学だったそうで
キーワードはわかるものの、高校卒業してから遠ざかっていて忘れていることも多く
久しぶりに高校化学の動画をチェックしたとか

それを英語に置き換えて考えるのも大変ですね

今や、英単語はわかるけれど、
日本語では何だっけ?という言葉もあるそうです。
確かに姉(長女)は海外の大学でしか建築を学んでいないので
日本語で何というのかわからない単語多々と言っていました。

プレゼンは「文系」「理系」一緒に行うので
ビジネスのプレゼン(マーケティングの話とか?)も聞いて
質問とか意見しなければならないのだとか。

何事も勉強!

何より、今から
同じ学部に進むであろう友達ができること
がうれしいようです。

まだ中国にいて、オーストラリア入りできていない友達ばかりですが(笑)

長女のときにも思いましたが、
次女も
英語で、かつ理系のことを勉強するなんて想像を絶する~~ 
と思うズボラ母なのでした。





このページのトップヘ