海外進学を応援するズボラ母の備忘録 次女編

地方の公立小・中・高校を経て、オーストラリア・メルボルンのMonash Collegeへ進学した娘(次女)を応援するズボラ母の備忘録。Bridgingコースを無事修了し、Diplomaコース(IT)で勉強中。

タグ:MonashEnglishBridging

Monash大学の
英語コース(Monash English Bridging)を無事修了し、
10月からはDiplomaコースに進みます。

オーストラリアの大学には
Diplomaコースという
 留学生のファウンデーションコースと
 大学1年生の位置づけとを
かけあわせたようなコースが
ある大学と無い大学(あるいは学部)があります。

Diplomaへ進んだ場合、
1年修了後はMonash大学の2年生に進級することができます。

つまり、
 英語コース 約6か月
 Diplomaコース 約1年
 大学2・3年 約2年
 (オーストラリアの大学は3年制)
の3年半で学位がとれることになるので、
留学ではありながら、短期で卒業することができます。

当初は娘も親たちも、このコースの存在は知らず
イギリスと同じシステム(ファウンデーション1年+大学3年)
くらいに思っていたのですが
留学エージェントが希望の大学と確認してくださり
この進路を提案してくれました。

もちろん学費もセーブすることができますよね。

英語コースに入る前から進路をある程度決めることとなるので
高校での成績(特にITの場合は理数の成績なども見ているよう)など
Diplomaを選択するには一定の条件はあるようです。
これも大学・学部により異なります。

先週あたりから、メールが届き
Diplomaに向けての履修科目登録などを、娘のほうで行っています。

登録画面で不具合があり
早速大学とやりとりして、
解決し手続き完了しているようでした。

素早い!!

去年の今頃は
大学からのオファーはもらえたといっても
卒業時の成績を提出するまでは書類もそろっていないので
ズボラながらもズボラ母の方で、
留学エージェントや大学とやりとりしつつ四苦八苦していました。

それを思えば今はすっかり娘まかせ~~

厳しいロックダウンも
新規感染がかなり落ち着き、少しずつ緩和の方向。
とはいえしばらくはオンライン授業が続きそうです。

10/12~のオリエンテーションの話
楽しみにしているズボラ母なのでした




Monash大学附属の英語コース(Monash English Bridging)の
テストを終えた娘。

ついに翌週結果が出ました!

一発合格!
でした~

まだ日本にいたときから
試験についてビビっていた娘(笑)

追試が受けられる期間がスケジュール上確保されており
合格するまで何度も受けられる・・・(期限はアリ)
とは聞いていたものの
「何回目で受かるだろう・・・
と自信なさげでした。

それが一発でパスするとは
本当にがんばりました!

やはり同級生のなかには、追試になった生徒が何人かいるようです。


結果は総合的にパスしたことしかまだわからないのと
コロナの関係で、対面で結果(Certificate)を受け取れないので
細かい各分野のスコアはおそらく受け取れるのですが
後日メールで・・となりそうです。

本当ならばこれで
手放しで10月下旬のDiploma開始まで授業はないので、
夏休み(向こうは冬?もうすぐ春?って感じですが)と
あいなるはずでした。

少し前までは、9月には
「日本に帰りたい・・・いや、絶対帰る!」
といっていた娘です。
 過去ブログ 日本に帰りたい・・・

厳しいロックダウンは9/13(日)まで続き(@メルボルン)
ビクトリア州のメルボルン都市圏「以外」は9/16(水)からステージ3となりましたが
メルボルン都市圏にいる娘のところは
まだステージ4のまま、ほーーーんの少し外出規制などが緩和されたのみです。
買い物もまだ1家族1人だけしか許されないため、
ホストマザーと一緒の買い物もNG.
オーストラリア、厳しーーッ!!

空港のあるシドニーへ行くにも、
州境を超えるための許可証が必要だったり、
結局この時期になってもまだ日本に戻れば隔離が必要だったり、
タイミングよくオーストラリアに戻れるか不明だったりで

あまりにハードルが高く、多くてあきらめたようです。

とっても暇なので、この間に
大学寮の申請手続きは進めました。
次のステップ待ち。

そして考えるのは将来のこと。
 院に進む?(いや、それは今はない)
 ダブルデグリー?(2つの専攻がとれるコースもあります)
 就職はどんなところに?
などなど、

考えたり
調べたり
調べてはLINEでズボラ母と話したり


コロナは厄介ですが
いろんなことを考えられる時間がもてるってことも
いいことなんじゃないかな?

と前向きに考えたい
最近後ろ向きなズボラ母なのでした。

娘二人はズボラ母の「前向き」の原動力です。

前回Bridgingコースのテストがついに始まったことを書きました。 
 前回ブログ テスト期間スタート

20週目には
授業もあるし
Speakingテスト2種、別々の日にありました。

1種類目のSpeakingテストについて前回書いたのですが
これは2人一緒に受検する
ロールプレイング型の試験。

「先生」役と「生徒」役のように
役割設定をされて、その条件にもとづき
会話を行うそうです。

この1種目は相手が英語が上手な同級生なこともあり、
スムーズに進んだそうです。
(娘の評価がどうかはまた別問題(笑)

2種類目は4人で受検をします。
これは1つのトピックに対し
 問題について話し、
 さらにその原因を指摘、
 その後に解決策を提示する・・

という構成で進めるそうです。

英語以外にも学ぶことが多そうですね!

授業中でも
このグループディスカッションとなると
よくしゃべる人
しゃべりすぎる人
リーダーシップをとる人
ほとんどしゃべらない人
など性格や英語力によってばらつきがでるそうなのですが
メンバーがバランスよくしゃべることも大事な要素。

はたして娘のグループはどうだったのでしょうか・・?

Speakingのテストが2種とも終わり
なんだかうまくいったのか、すがすがしそうな感じ

テストを終え、残すは1日のみ。
この日はオーストラリア到着後、
Monash Collegeの初日からお世話になっていた
トニー先生の授業。

「これでもう最後だよ~~

とちょっとさみしそう

結局会ったのは数日で後はすべて遠隔授業となってしまいました。
まだBridgingをパスするまではお世話になります!

とにかくSpeakingテストおつかれさま~!

Reading、Writingもがんばってほしいなーと願うズボラ母なのでした。
※Listeningは遠隔テストとなったため、今回は無しだそうです・・

娘はMonash大学附属
Bridgingコースでまずは語学を身につけていますが
ついに予定の20週目。

今週からテストもスタートしました。

このテストをパスしないと
次のDiplomaには進めないのでとても大事な試験です。

最初の試験はSpeaking
Speakingは2回に分けて実施されるそうで、
 1回目は2人ずつ受検
 2回目は4人のグループで受検

試験官や
一緒に受けるメンバーのあたりもあるようで

そうはいってもこのコロナで遠隔授業中のため
試験もオンラインです。

試験時間を待つ間は
緊張しているかといわれればしているのだけど
家(ホストファミリー宅)で受けるので不思議な感じとのこと。

実際終わってみると
試験官のおじさん先生もゆるーい感じだったらしく
途中で(試験官も自宅からのため)火災報知器が鳴り出し
「ちょっと待ってね~~」なんてことになり
緊張もせぬまま終わったそうです(笑)

てっきり試験官も普段の先生のどなたかなのかと思いきや
はじめての先生が試験官だったようです。
フェアな試験なんですね。

結果はまだわかりませんが、普段通りの力は出せた様子。

一応1回でパスしなくても、
何回か追試は受けられるそうですが
できるなら1回でパスしたいところ!

2回目のSpeakingやその他分野の試験も無事進むといいなー
ゆるゆる試験官の想像をするズボラ母なのでした

娘は大学入学前の
Monash大学附属の語学コース(Bridgingコース)に通っています。

20週のコースで、
途中からオンライン授業に切り替わったまま、
はや折り返し地点を過ぎました。

留学エージェントの話では
Bridgingコースは、
大学での学習に必要な英語力をつけるだけでなく
その後の大学での専門課程で使う用語などを学べる

コースと聞いていました。

Monash大Bridgingコースの詳細はココ:Monash English Bridging

当初は、留学生が進む一般的な語学コースを考えていましたが
IELTSのスコアを提示したところ
Monash大学側が「このスコアがあればBridgingコースを」
と薦めてくださいました。

一般的な語学コースに入れるのはIELTS3.5くらいですが、
その当時、娘は5.0がとれていたと思います。

先に20週のコースと書きましたが、
英語力により10週や15週のコースもあります。

語学コースの前半は、聞く限りは
それほどIT学部寄りな内容とは感じていなかったのですが
最近はグループワークの時には
「文系」「理系」のグループに分かれて取り組んでいるそうです。

同じ学部に進む学生は、その中でもなるべくまとめられます。

娘はIT学部に進むのですが
同じIT学部の学生のほか、エンジニアリングに進む予定の学生も一緒だとか。

「文系」グループは、娘と同じクラスでは、多くがビジネスの学部です。

「理系」テーマはITだけではなく
先日は化学だったそうで
キーワードはわかるものの、高校卒業してから遠ざかっていて忘れていることも多く
久しぶりに高校化学の動画をチェックしたとか

それを英語に置き換えて考えるのも大変ですね

今や、英単語はわかるけれど、
日本語では何だっけ?という言葉もあるそうです。
確かに姉(長女)は海外の大学でしか建築を学んでいないので
日本語で何というのかわからない単語多々と言っていました。

プレゼンは「文系」「理系」一緒に行うので
ビジネスのプレゼン(マーケティングの話とか?)も聞いて
質問とか意見しなければならないのだとか。

何事も勉強!

何より、今から
同じ学部に進むであろう友達ができること
がうれしいようです。

まだ中国にいて、オーストラリア入りできていない友達ばかりですが(笑)

長女のときにも思いましたが、
次女も
英語で、かつ理系のことを勉強するなんて想像を絶する~~ 
と思うズボラ母なのでした。





このページのトップヘ