海外進学を応援するズボラ母の備忘録 次女編

地方の公立小・中・高校を経て、オーストラリア・メルボルンのMonash大学に留学した娘(次女)を応援するズボラ母の備忘録。 Monash College Bridgingコース、Diplomaコース(IT)を無事修了。 Monash University 2年生に編入(IT)して勉強中。

タグ:Speaking

20週のBridgingコースを終えて、
Speakingテストを終えて
1週間休みまで書きました。 
 前回ブログ 1週間のお休みに

お休みの1週間が明けた月曜日、
「いよいよテストだね~」
と声をかけたら
「めんどくさーい
と月曜らしい返事がありました(笑)

とはいえ、あっというまに
月・火・水で残りのテストも完了したようです。

Writing
レポート形式のテスト(1.5時間くらいで書く)と
サマリー(要約)形式のテスト(1時間くらいで書く)
の2種類。

娘は以前から
GTECやIELTSなんかも
Wiritingが得意です。

どう評価されるかはわかりませんが、
時間が足りないということもなく書けた模様。
何よりBridgingコースではアカデミックライティングの手法
いろいろと教えてもらえるので、
そういうロジックがわかるほうが、娘には取り組みやすい感じがしています。

Readingはこれも2種類あったようですが
時間が足りない・・・
なので最後は読み飛ばしてとにかく回答したようです。

内容的には
環境問題的なものや
ビジネスシーン
記憶とかモチベーションといった脳科学?心理学?的なのもあるらしい。
今回のテストに何がでたかは忘れましたが
いろんな分野の素材文を読んでいるんだな~

担任のトニー先生。
授業中はとってもお世話になったのですが
このテスト期間中は、
生徒は一切連絡をとってはならない(実際連絡がとれない)
んだそうです。

授業以外の面もフォローしてくれていたので
なんだかさみしい感じもしますが
生活面で何か相談があればまた別の窓口もあって問題はないそう。
フェアな試験を実施する、というポリシーは強く感じました。

結果はまもなく!?

評価はSpeaking Writing Reading 全体でみるらしく
各分野にデコボコがあっても
トータルでスコアがとれれば
得意分野が苦手分野を埋めてくれる方式らしいです

追試は受けられるのですが
スッキリ一発合格してほしいな~
と願うズボラ母なのでした

娘はMonash大学附属
Bridgingコースでまずは語学を身につけていますが
ついに予定の20週目。

今週からテストもスタートしました。

このテストをパスしないと
次のDiplomaには進めないのでとても大事な試験です。

最初の試験はSpeaking
Speakingは2回に分けて実施されるそうで、
 1回目は2人ずつ受検
 2回目は4人のグループで受検

試験官や
一緒に受けるメンバーのあたりもあるようで

そうはいってもこのコロナで遠隔授業中のため
試験もオンラインです。

試験時間を待つ間は
緊張しているかといわれればしているのだけど
家(ホストファミリー宅)で受けるので不思議な感じとのこと。

実際終わってみると
試験官のおじさん先生もゆるーい感じだったらしく
途中で(試験官も自宅からのため)火災報知器が鳴り出し
「ちょっと待ってね~~」なんてことになり
緊張もせぬまま終わったそうです(笑)

てっきり試験官も普段の先生のどなたかなのかと思いきや
はじめての先生が試験官だったようです。
フェアな試験なんですね。

結果はまだわかりませんが、普段通りの力は出せた様子。

一応1回でパスしなくても、
何回か追試は受けられるそうですが
できるなら1回でパスしたいところ!

2回目のSpeakingやその他分野の試験も無事進むといいなー
ゆるゆる試験官の想像をするズボラ母なのでした

このページのトップヘ