海外進学を応援するズボラ母の備忘録 次女編

地方の公立小・中・高校を経て、オーストラリア Monash大学へ進学する娘(次女)を応援するズボラ母の備忘録。Monash CollegeのBridgingコースからのスタートです!

タグ:zoom

語学学校のスタート時のことはココで書きました。
 過去ブログ 語学学校スタート!

当初は中国人2人、ベトナム人1人、娘の日本人1人
計4人。

そのあと3人中国人が加わり
7人になっているところまでは聞いていました。

しばらく聞いていなかったら、なんと今は
25人とな!?

いつのまに増えたのかと思ったら
オーストラリアの入国制限(COVID-19対策)のため、
入国できなかった生徒が
中国からオンラインで授業に参加
しているとのこと。

クラス名簿をみたら、ほぼ中国人だろうけど
1名名前がベトナム人とおぼしき人がいる!

これは日本人の娘にとっては大問題

今までも中国人が多いので、
授業中、少人数にわかれてワークするとき
中国人2名、日本人1名(娘)の組み合わせになったりすることも多々。
ついつい相談が中国語になったりして、意味がわからず困りもの。

 *zoomではブレイクアウトルームを使って、
  3人組で個室に入る、、というようなことが、バーチャルで可能です。


中国人1名、ベトナム人1名、日本人1名(娘)の組み合わせならば
マイナー国のベトナムの子と妙な連帯感がうまれ
ちょっとほっとして、手を振りあったりしていたようなのです。


そこへベトナム人がさらに入っちゃったら!?
1人なのは日本人だけで超マイナーじゃん!
超アウェーーーじゃん!!

・・と心配していたら、
そのベトナムっぽい名前の生徒も中国人でした(笑)

でも中国人が増えたことには変わりないので
娘が中国語も聞ける機会はさらに増えています。
遠隔の環境ながら中国人のお友達ばかり増えている様子。
WeChat(日本のLINEのようなSNS)でやりとりすることも多いそうです。

しかし25人。。。
とってもお世話を焼いてくれる
担任のトニー先生だけでは回らなくなったのか
もう一人おばあちゃん先生が加わったそうです。
先生のことはまた書きます~

急に人数が増えて、最初は混乱もあったらしく、
半分に分割して授業を行うことに。

娘のクラスは13人に今はなっているということで
ちょっぴり安心したズボラ母なのでした。

オンライン授業なのに毎日いろんなことがあるんだな~


COVID-19影響シリーズが続いております・・・

だんだんと冷えてきた秋のメルボルンです。

スーツケースに入れていった服だけではちょっと寒くなってきて
セーター送って~
と頼まれ、

① 3月15日頃 第1便発送(SAL便・小型)
② 3月20日頃 第2便発送(SAL便・小型)


の荷物を郵便局から発送しました。

新型コロナウィルスも広がってきていた時期なので
オーストラリアはまだ大丈夫だと思いますが、
 コロナの影響でちょっと遅れるかもしれません。」

とは郵便局で言われました。

しかし
イギリスの長女にはこれまで何度もSAL便を送って
1回を除き、目安の2週間以内には届いていたので、
追跡は付けないで次女に荷物を送りました。

イギリスだと5日ほどで届くことも!
しかもロンドンではなくニューカッスルでも!

2週間で届かなかったのはこの時だけ↓
 過去ブログ SAL便は何日で届くのか?(長女編より)

次女がいるメルボルンへ送った荷物の話に戻りますが
2週間を過ぎても届かない。
やっぱりCOVID-19のせいね・・と思い始めました。

が、1便目から3週間たっても、4週間たっても届かない!!
「寒いのにヒートテックが足りん・・・

2個とも届かないは問題だな・・と思いだし
必要なものは現地調達しよう!と
zoomでつないで一緒にユニクロ・オーストラリアでオンラインショッピング
Uniqlo AU はココ

国内物流は問題がないようで、
無事に予定どおり到着しました
これでヒートテック増強。

そんな頃、我が家へ見覚えのある箱を抱えた郵便局員さんが・・・
「戻ってきちゃいました・・・」
なんと、関空を飛び立っていませんでした・・・

がーーーん

なんと2便目のほうが戻ってまいりました
発送から3週間強の話です。
荷物を郵便局へ持っていき申請すれば発送費用は返還されるとのこと。

娘もそれを聞いてビックリ!ですが
大事な洋服とかが紛失してなかったことには一安心

1便目はいまだ戻りもせず、届きもせず・・
1便目もまだ大阪にいたりしないよね~~
と思いを馳せるズボラ母なのでした。

オンライン授業がはじまってはや2週間以上。

娘はzoomで毎日授業をやっています。
関連記事:オンライン授業はzoomで

1週目は慣らしで1日2時間。
翌週からは1日4時間。


ずーっとオンラインも先生も大変なので

12:30-14:30 授業
14:30-15:30 休憩
15:30-17:30 授業


時間は違うかも?ですが
午後から2時間授業+1時間休憩+2時間授業のサイクルです。

基本的に現在は大学附属の語学学校に通っているので
学ぶことといえば
英語

娘が通っているBridgingコース
IT学部寄りの内容や
より大学で使うためのアカデミックな内容

学ぶコースにはなっているものの、まだコースもはじまったばかり
基本的に学ぶことは「英語」です。

先生も大変だろうな~~と思うのですが
 生徒同士でペアを組んで会話の練習をしたり
 聞き取った英語の要約をしたり
 Readingの授業もやったり

しているそうです。

ズボラ母の仕事関係でも
COVID-19感染拡大にともない、在宅勤務が増え
zoomのことをよく聞くようになりました。

ズボラ母も使ってみたいゾ

ということで
今日ズボラ母も
zoomデビューしました!

zoomとは
WEB会議をするためのクラウドサービスで
1:1だけでなく複数名の会議や授業を可能にする
ビデオ・WEB会議アプリケーション
です。

パソコンにも、スマホにもアプリをインストールしました。

「今日はzoomでつなぎたいんだけど、どうしたらいい~?」
と娘に聞いて、LINEでミーティングIDとパスワードを送ったら
すぐに接続できました!

無料サービスでは複数名の会議は40分まで。
1:1ならば無制限なので今日も問題なく1時間以上話ができました。

娘たちの新しい経験にも刺激されて
自分も新しいことに触れられて
ありがたいな~~と思うズボラ母なのでした。




先日長女@イギリス
COVID-19の影響による、オンライン授業の開始について書きました。
ついにオンライン授業の開始 ~COVID-19の影響~

女@オーストラリアのほうも
語学学校の授業がオンラインで行われることになりました。

オンライン授業開始の前日は登校があり
やりかたを聞いた様子。

初日はなんとホストファミリー宅に清掃業者が入ることになり
バルコニー(これが広くて優雅)でオンライン授業を受けることに

授業は、zoomという
遠隔での会議や授業ができるWEB会議システムを使ってやるそうです。
zoomは日本国内でも最近の在宅勤務の広がりにより
よく聞くようになりました。

とはいえバルコニー。
風も吹いてバタバタいうしで
こっちをミュートにしてみたり、
途中で部屋にちょっとだけ入ったりと

しばらく慣れるまでは時間がかかりそう。

クラスの生徒と二人組になって話してみる、
といった機能も使ったようです。

昔ならばこんな感染症で外出禁止になったら
即自習・・ですが
オンライン授業できるなんてありがたい

オーストラリアにいる意味ないじゃないか?とも思いますが
こういうときにホストファミリーがいるのは安心だし
英語でのコミュニケーションがあるのも留学生にとってはいいコト
です

ましてやIT学部に進む娘。

ズボラ母も就職して以来、いろんなテレビ会議システムを使って
会議を経験してきましたが、大学生のときなんかそんなこと知らなかった!

授業のしづらさも
オンライン会議システムの便利なところも

すべてこの経験は無駄にならないハズ。

COVID-19で大変な状況ながら
新しい経験を次々としている娘をうらやましくも思う
ズボラ母なのでした。

このページのトップヘ